So-net無料ブログ作成

「差し控え」と「中止」は違う? [医療]

P204
 死の避けられない終末期の患者において生命維持治療を望んでおらず、医療者も生命維持治療のメリットが乏しいと判断する場合、生命維持治療を差し控えること(以後、「差し控え」と記載)は一般に広く許容されている。
例えば、全国のほとんどの緩和ケア病棟は患者に対して病状悪化時に人口呼吸管理、血液透析、心肺蘇生術などの濃厚な生命維持治療を行わないことへの合意を前提に利用を認めている。
また、自宅で死を看取られるがん患者も濃厚な生命維持治療を行わず死を迎えるのが一般的である。
一方、生命維持治療の中止(以後「中止」と記載)については「一度始めた生命維持治療はやめられない」と考え躊躇されることが多い(1)。
 つまり、「中止」は「差し控え」と倫理的に異なり、してはいけない(悪い)行為であるとみなされていることになる。しかし、もし「差し控え」と「中止」が倫理的に異なる行為なのだとすると、以下に占め主要ないくつかの矛盾が生じる。
~中略~
 このように、「差し控え」と「中止」を倫理的に異なる行為であると仮定すると様々な矛盾が生じてくる。
一方、逆に「2つの行為は倫理的に同質である」と見なすと、これらの矛盾は全て解消される。実際、アメリカやイギリスなどで出されている生命維持治療の差し控え・中止に関する法律、判例、ガイドラインなどを見ると、一貫して「差し控えと中止は倫理的に同質の医療行為である」と明記されている(2)。
~中略~
 ただ最終的に、「差し控え」と「中止」を異なる行為とみなすか、同質の行為とみなすかは、我々の判断次第である。
たとえ、「差し控え」と「中止」を倫理的に同質の行為とみなすことが合理的であったとしても、様々な心理的、感情的なバイアスの影響から逃れるのは難しいことである。

P207
 あらゆる医療行為において、その行為を行うことの医学的妥当性は、期待しうるメリット(利得)とデメリット(損失)を比較考量して判断することになる。
したがって、生命維持治療の是非を判断するにあたっても、そのメリット(生命の延長)とデメリット(治療を行うことによって生じる苦痛)を天秤にかけて比較することが必要である。
「差し控え」を考慮する際には、治療を開始することによって生じる「心身の苦痛」という「損失」の方が、治療を開始することによって得られる「生命の延長」という「利得」よりも大きいと評価され、最終的に「差し控え」が医学的に妥当であると判断されることは通常の医療において珍しいことではない。
 ところが、同じ状態の患者において、いったん始まった生命維持治療の中止を考慮する際には、治療を中止することによって「生命が短縮する」という「損失」の方が、治療を中止することによって「苦痛から解放される」という「利得」より大きいと評価され、治療の中止は妥当ではないと判断する傾向がある(たとえ患者が生命維持治療を希望していなかったとしても)。
当然ながら、「差し控え」でも「中止」でも、生命維持治療によって生じる「利得」と「損失」は本質的に変わるものではない。ところが、同じものを見ているはずなのに、「差し控え」のときと、「中止」のときとでは、「利得」と「損失」のどちらがより大きいかの評価がまったく逆になってしまうのである。
~中略~
「差し控え」を検討するときの「参照点」は治療開始前の状態である一方、「中止」における「参照点」はすでに治療が開始された状態の患者である。
このようにして各々の「参照点」から見た生命維持治療の見え方の違いによってその評価が異なることになるのである。このときの生命維持治療の見え方の違いによってその評価が異なることになるのである。
~中略~
我々は「損失回避バイアス」の影響によって、各々の「参照点」から見て「損失」を与えるような変化を生じさせたくないという心理が働く。その結果、「差し控え」においては生命維持治療を「開始する」という行為によって生じる「損失」が、一方の「中止」においては生命維持治療を「中止する」という行為によって生じる「損失」が、より重視されることになる。
こうして「中止」においては「差し控え」とは逆に、「患者の死が早まること」を「避けるべき損失」と感じる心理がより強く働くことになる。しかし、もし「治療を行うことの苦痛」よりも「治療を行わないことで患者の死を早めること」の方が重大な問題なのだとすると、そもそも「差し控え」を許容することもできないはずである。
 さらに、この「損失回避バイアス」から生じる人間の心理として、「現状維持バイアス」「保有効果」「不作為バイアス」も「差し控え」と「中止」が異なって見えることを強化している。 

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者
大竹 文雄 (著), 平井 啓 (著)
東洋経済新報社 (2018/7/27)

DSC_5909 (Small).JPG宝満山


タグ:大竹 文雄
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント