So-net無料ブログ作成

自分を愛せ [人生]

なんでもっと自分を愛さないのか。
もっと自分の財産を守れ。
それは何もゼニの財産ではないの。
精神の財産かもしれない。自分のプライドも財産でしょ。
自己の主張をしっかり持つことも自分の財産ですよ。
だから、もっともっと自分のことは最低限責任を持たんと。
矢沢永吉

大山 くまお (著)
名言力 人生を変えるためのすごい言葉 
ソフトバンククリエイティブ (2009/6/16)
P229

-9bc89.jpg
【送料無料】名言力

【送料無料】名言力
価格:798円(税込、送料別)

誰かのために生きるなんて、もうその発想が間違ってたのね。人間って、まずは自分のために生きなきゃ駄目なの。
親でも子でもない、自分のために自分の人生を生きる。 そうやって自分を生きて初めて、「誰かのため」に生きることができるの。

これは私が介護から学んだ、最大の教訓。
だって、じぶんがいなきゃ相手をしあわせにすることなんてできないでしょ?
 音楽活動を休止したときの私は、まさに「自分」を捨てた状態でした。
綾戸智恵

40歳の教科書NEXT──自分の人生を見つめなおす ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編
モーニング編集部 (編集), 朝日新聞社 (編集)
講談社 (2011/4/22)
P167

001
 自分を尊敬すれば、悪いことなんてできなくなる。人間として軽蔑されるような行為をしなくなるものだ。
 そういうふうに生き方が変わって、理想に近い自分、他の人も見習いたくなるような人間になていくことができる。
「力への意志」

099
 悪い人間には共通点があるのを知っているかな。悪人たちのその共通点とは、自分を憎んでいるということだ。
 自分を憎んでいるから悪いことをするのだ。悪事は自分を傷つけ、かつ罰することができるからだ。
だから、彼らは破壊への道を転がり続けていく。
「曙光」

超訳 ニーチェの言葉
白取 春彦 (翻訳)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2010/1/12)

自分は究極的には自分のことを考えて生きている、と考えていけない理由はありません。
むしろ、あなたのためを思っていっているという人がいれば本当にそうなのだろうか、と疑いたくなります。
自分が本当に望んでいることは何か、と常に考えてみます。

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために
岸見 一郎 (著)
KKベストセラーズ (1999/09)
P155 

日本が過去にしたことがすべて正当化できるわけではありませんから、日本人が自国を批判することも大切です。
しかし「日の丸」掲揚反対、「君が代」斉唱反対などといって、しかもそれが良心的日本人の証しだと思いこんで、日本はたいした国ではないと他人事みたいな口をきいている。
しかし自国に対して自敬の念self-respectのある人こそ、隣人や隣国をも大切にする人ではないでしょうか。

日本人に生まれて、まあよかった
平川 祐弘 (著)
新潮社 (2014/5/16)
P22


ナディーヌ・ロスチャイルドという人がいます。エドモンド・ベンジャミン・ジェームズ・ロスチャイルド男爵の夫人となった女性です。
 ご存知の方も多いかもしれませんが、ナディーヌは、ユダヤ人でもなく、大富豪でもなく、名家の出でもありませんでした。
もともと貧しい家庭に生まれ育ち、中学卒業と同時に家を飛び出して、印刷所や町工場などで必死に働き、やがて小劇場の女優となるのですが、大人気スターというわけでもなく、誰もが一目置く美人というわけでもありませんでした。
 そんな彼女が、あるとき、世界の大富豪であるエドモンド・ロスチャイルド男爵と出会い、求婚されるのです。
 ロスチャイルド夫人となった彼女は、著書のなかで、こんなふうに語っています。
「あなたがまず心を配るべきなのは、自分自身です」
 さらに彼女は続けます。
「もしあなたがひとり暮らしなら、部屋は常にきれいに片付けるべきです。ひとりでお茶を飲むとしても、ふちのかけたカップなどではなく、いちばん上等なカップを使ってください。
家でひとり夕食をとるなら、帰りにお花とおいしいデザートを自分に買ってあげましょう」と。

脳はどこまでコントロールできるか?
中野 信子 (著)
ベストセラーズ (2014/8/19)
P24


P132
 困難な経験に対処するためには、自己信頼感が重要であるとする多くの研究かあります。しかし近年心理学者のマーク・R・レアリーらは、とくに困難な時期においては、自己信頼感よりも自分に対して思いやりの気持ちをもつほうが効果的であることを発見しました。
自分に対する思いやりとは、つらい思いや感情をそのまま受け入れて、困難な出来事が起こることは仕方ないことだと認め、自分自身を理解し自分に優しくしようとする気持ちのことです。
~中略~
 チベットの伝統的な考え方では自己愛と他者への愛に違いはありません。つまり自分自身に対しては厳しいのに、隣人に対しては寛容だということはないのです。
 ダライ・ラマは、こう述べています。「チベットの伝統的な考え方では、「ツェワ」と呼ばれる思いやりの気持ちは、自分自身に対する思いを他者との関係に広げていくことだとだと考えられています」
思いやりの対象は本当に自分自身であるべきかと問われるとこう答えました。「まず自分です。そしてもっと進化したかたちで、その気持ちが他者に広がっていくのです。ある意味では、深遠な思いやりとは、利己主義が高度に発達した形態にすぎません。
ですから自己嫌悪の強い人は他者に対して真の思いやりの心をもつことは難しいのです。始まりとなるべき土台がないからです」

P135
「「アイ・ラブ・ユー」と言うためには「アイ」を最初に言わなくてはならない」
小説家 アイン・ランド

ハーバードの人生を変える授業
タル・ベン・シャハー(著), 成瀬 まゆみ (翻訳)
大和書房 (2015/1/10)
P98


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント