So-net無料ブログ作成

成功への鍵 [倫理]

決意と勇気と自信が、成功への鍵となる要素です。
障害と困難に出くわしても、もし固い決意があれば、それらを切り抜けられます。
どんな環境にあっても、私たちは控えめで、慎み深く、慢心のないようにすべきです。

ダライ・ラマ14世テンジンギャツォ (著), Tenzin Gyatso H.H.the Dalai Lama (原著), 谷口 富士夫 (翻訳)
ダライ・ラマ 365日を生きる智慧
春秋社 (2007/11)
P17

1927529大原の秋

ダライ・ラマ365日を生きる智慧新装版

優秀な営業マンが、様々な情報を参考にしながら「こうすればもっと理解していただけるのではないか」という仮説を立てて行動し、その結果を常に検証して自分の営業方法を磨いているように、「よい仮説を立てて、それを検証する」というループをいかに短期間でできるか、が成功の秘訣であると思われる。

ビジネスマンのための「行動観察」入門
松波 晴人 (著)
講談社 (2011/10/18)
P259

P90
たとえば夢を視覚化する方法。出世してセレブになった自分、減量してスリムになった自分、禁煙に成功した自分、理想の相手と出会い仕事も順調な自分を思い描く方法が、以前から自己啓発業界でもてはやされてきた。残念ながら現在では、この方法は効果がなく、悪くすると害にもなりかねないという調査結果がでている。

P108
 研究結果によれば、やる気を出すために理想をイメージする方法はたしかに役に立つ。ただし必要なのは、目標達成でえられるメリットと、途中に控えている現実的な困難の両方を視野に入れてバランスをとること。つまり、二重思考である。

P95
作家のジグ・ジグラーに、有名な言葉がある。「あてもなくさまよっていたら、あるひ突然エベレストの山頂にいたなどということは、ありえない」。
おなじようにあてもなく人生をさまよっていたら、突然新しいビジネスが目の前に開けたとか、大幅に体重が減ったなどということは、ありえない。成功した参加者たちは、最終的な目標に到達する途中にいくつか小さな目標を設けていた。

P97
人生を変えることに成功した人たちは、目標を達成したときに起きるプラスのことがらを考える。それは完璧な自分を夢想することとはちがう。
目標を達成したとき、人生にどんないいことが起きるかを客観的に数え上げるのだ。研究によると成功しなかった人は、失敗した場合に起きる嫌なことをのほうばかりを考えがちだった。

P99
 目標を達成し夢を実現しようと思ったら、成功への鍵となる方法は四つ。
正しい計画を立てる。
友人や家族に目標について話す。
達成したときのプラス面だけを考える。
一ステップ進むごとに自分にほうびを出す。

その科学が成功を決める
リチャード ワイズマン (著), Richard Wiseman (原著), 木村 博江 (翻訳)
文藝春秋 (2012/9/4)

「いやな感じ」の襲撃をさけ「いい感じ」に包まれるにはどうしたらいいか。それには、行動の結果を思い浮かべることが得策です。

コーチングが人を活かす
鈴木 義幸 (著)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013/3/1)
P93

P493
「我々の主たる務めは、遠くにかすんでいるものを見ることではなく、眼の前にはっきり見えるものを実行に移すことである」
P512
(20)カーライル(Thomas Carlyle,1795-1881):英国の批評家・歴史家。引用文は、「時代の徴候」(Sigins of the Times)冒頭の一節。
オスラーは「われわれの主たる務め(our main business)」と言っているが、カーライルの原文では「われわれの大いなる務め(our grand business)」になっている。

平静の心―オスラー博士講演集
ウィリアム・オスラー (著), William Osler (著), 日野原 重明 (翻訳), 仁木 久恵 (翻訳)
医学書院; 新訂増補版 (2003/9/1)

 成功者たちが食事に気を使っているのは、食べ物が脳に影響を与えるということを、経験上、よく知っているからなのでしょう。

脳はどこまでコントロールできるか?
中野 信子 (著)
ベストセラーズ (2014/8/19)
P56


「たゆまぬ知識の吸収と訓練を通して容易にならないものはない。訓練により私たちは変わる。自らを変容させることができる」
宗教指導者 ダライ・ラマ

ハーバードの人生を変える授業
タル・ベン・シャハー(著), 成瀬 まゆみ (翻訳)
大和書房 (2015/1/10)
P122


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント