So-net無料ブログ作成

屈を以って伸となす [処世]

功を拙に蔵し、晦( かい)を用いて而も明に、


清を濁に寓し、屈を以って伸となす。


真( まこと)に世を渉るのを一壷にして、身を蔵するの三屈なり。 


                  洪自誠 

                       守屋 洋 (著), 守屋淳 (著)

                       菜根譚の名言 ベスト100

                        PHP研究所 (2007/7/14)

                       P105


1898189青の洞門

才能を内に秘めながら無能をよそおい、
明察でありながら知恵をひけらかさず、
濁流に身をおきながら清廉を保ち、
身を屈して将来の飛躍に備える。
 このような状態こそ「中流の一壷」や「狡兎三屈」の教えにかなう処世の秘訣である。

「中流に船を失えば一壷も千金」「鶡冠子(かつかんし)」



菜根譚の名言 ベスト100

菜根譚の名言 ベスト100

  • 作者: 守屋 洋
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/07/14
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント