So-net無料ブログ作成

聞人と達人 [倫理]

子張問ふ、士如何なればこれを達と謂うべき。
子曰く、何ぞや、爾( なんじ )がいはゆる達とは。
子張対( こた )へて曰く、那に在りても必ず聞こえ、家にありても必ず聞ゆ。
子曰く、これは聞なり、達にあらざるなり。
それ達なるものは、質直にして、義を好み、言を察して色を観、慮( はか )って以て人に下る。
那にありても必ず達し、家にありても必ず達す。
それを聞なるものは、色に仁をとりて行いは違い、これに居りて疑はず。
国にありても必ず聞こえ、家にありても必ず聞こゆ。

                       安岡 正篤

                       論語に学ぶ(

                       PHP研究所 (2002/10)

                     P176


論語に学ぶ (PHP文庫)

論語に学ぶ (PHP文庫)

  • 作者: 安岡 正篤
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2002/10/01
  • メディア: 文庫


1927480宝泉院

 子張がおたずねした。 先生が反問された。
「どういう意味かね、君のいう「達」とは」
子張が、かしこまってこたえた。
「国家につかえるときっと評判になり、豪族の家につかえても、きっと評判になるということです」
 先生がいわれた。
「君のいっているのは「聞」ということで、「達」ではない。 


                  論語
           孔子 (著), 貝塚 茂樹
        中央公論新社 (1973/07)
                      P343

論語 (中公文庫)

論語 (中公文庫)

  • 作者: 孔子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1973/07/10
  • メディア: 文庫



醲肥辛甘( じょうひしんかん )は真味に非ず。
真味は只これ淡なり。


神奇卓異は至人に非ず。
至人は只だこれ常なり。


                  洪自誠 

                       守屋 洋 ( 著 ), 守屋淳 ( 著 )

                       菜根譚の名言 ベスト100

                        PHP研究所 (2007/7/14)

                       P86

や料理など、こってりしたものはいずれも本物の味ではない。
本物の味とはあっさりしたものだ。
並はずれてきらびやかな才能の持ち主は達人と言えない。
達人とは平凡そのものの人物を言うのだ。

真廉は廉名なし。
名を立つるは、正に貪( たん )となす所以なり。
大功は功術なし。
術を用うるは、乃ち拙( せつ )となす所以なり。


                  洪自誠 

                       守屋 洋 (著), 守屋淳 (著)

                       菜根譚の名言 ベスト100

                        PHP研究所 (2007/7/14)

                       P95

本当に清廉であったら、清廉の評判など立たない。
評判が立つのは、自己顕示欲が強い証拠である。
ほんとうに最高の技を身につけていたら、妙技など見せびらかさない。
妙技を見せびらかすのは、未熟な証拠である。

「大功は拙なるが若(ごと)し」         老子

菜根譚の名言 ベスト100

菜根譚の名言 ベスト100

  • 作者: 守屋 洋
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/07/14
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント