So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

協力を望むなら [対人関係]

 人にもっと良い仕事をしてもらいたいと思うなら、その人が心から楽しんでできることを行うように励ますこと。
人に責任感を持ってもらいたいと思うならば、あなたがその人を心の底から完全に信頼していることを、当人に示すこと。
人に友情と協力が欲しいと思うならば、その人に重要感を与えるような頼みごとをしてみましょう。

デール・カーネギー 著
田中 孝顕 訳
こうすれば必ず人は動く
騎虎書房
P194

こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く

  • 作者: デール・カーネギー
  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2008/09/30
  • メディア: 単行本


-35569.jpg福岡市植物園

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

心遣いを示す時間 [対人関係]

人生は短い、しかし優しい心遣いを示す時間は常にある。
                          ラルフ・ウォルドー・エマースン

デール・カーネギー 著
田中 孝顕 訳
こうすれば必ず人は動く
騎虎書房
P113

こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く

  • 作者: デール・カーネギー
  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2008/09/30
  • メディア: 単行本


-3c686.jpgめかり

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

天地自然の理 [哲学]

草木纔( わずか )に零落すれば、便ち萌頴( えい )を根底に露す。


時序凝寒と雖( いえど )も、終( つい )に陽気を飛灰( ひかい )に回( かえ )す。


粛殺の中に、生々の意あり、常にこれが主となる。


即ちこれ以って天地の心を見るべし。


                  洪自誠

                       守屋 洋 (著), 守屋淳 (著)

                       菜根譚の名言 ベスト100

                        PHP研究所 (2007/7/14)

                       P151

3484095山荘 天水

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

交流軸の都市は栄える [雑学]

「交流軸の都市は栄える」という言葉を記した宮崎市定氏は中国史の専門家である。
 交流軸のインフラがその都市の命運を握っているという。ユーラシア大陸の数千年の長い歴史と広大な地理を考えるとこの「都市」という言葉は「文明」と言い換えてもよい。

日本史の謎は「地形」で解ける
竹村 公太郎 (著)
PHP研究所 (2013/10/3)
P307

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

  • 作者: 竹村 公太郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/10/03
  • メディア: 文庫


さらに詳しく


nice!(2)  コメント(0) 

出世 [日本(人)]

日本は昔から、能力ある人間には、まったくの下層民から最上位まで「出世」できる機会に恵まれた珍しい国である。

会田 雄次 (著)
日本人の意識構造―風土・歴史・社会 (講談社現代新書 293)
講談社 (1972/01)
P127

日本人の意識構造 (講談社現代新書)

日本人の意識構造 (講談社現代新書)

  • 作者: 会田 雄次
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1972/10/25
  • メディア: 新書


-37d72.jpg門司港

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

天に仕える [倫理]

 凡そ( およそ )事を作( な )すには、須( すべか )らく天に事( つか )うるを要すべし。


人に示すの念有るを要せず。

                       「 言志録 」第三条


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P13

-4a606.jpg

関門海峡

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

屈を以って伸となす [処世]

功を拙に蔵し、晦( かい)を用いて而も明に、


清を濁に寓し、屈を以って伸となす。


真( まこと)に世を渉るのを一壷にして、身を蔵するの三屈なり。 


                  洪自誠 

                       守屋 洋 (著), 守屋淳 (著)

                       菜根譚の名言 ベスト100

                        PHP研究所 (2007/7/14)

                       P105


1898189青の洞門

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 

代替医療を疑え [医療]

P184
ひとことでいうと、これまでの治療成績のデータに基づいておこなわれている医療が標準医療で、それ以外のものが代替医療です。
「がんにおける代替医療とその生存に対する影響」と題された論文が、エール大学の研究チームから発表されました。(JNCI,2018)。
JNCIというのは、米国国立がん研究所によるがん研究分野での一流雑誌です。けっこう大きく報道されたその内容は、代替医療だけを受けた人の死亡リスクは、標準医療を受けた人の2.5倍というものでありました。
~中略~
 ただし、少し注意が必要なのは、その論文は、代替医療だけを受けた人についてのデータとの比較である、というところです。
標準医療に代替医療を組み合わせたものは「統合医療」、それから標準医療に組み合わせて使う代替医療は「補完医療:と呼ばれます。こういったケースと、代替医療の単独治療のケースは区別して考える必要があることはいうまでもありません。
ひっくるめて考えると、少なくとも代替医療だけに頼るのはやめといたほうがよろしい、ということになります。

P186
 標準医療と代替医療の違いは、医学的な裏付けがあるかどうか、すなわち、治療についてのエビデンスがあるかないか、です。研究が進んで、代替医療とされていたものが標準治療に格上げされることは、当然ありえます。
なので、すべての代替医療が絶対に効かない、と断定するのはきわめて困難です。しかし、がんのように放置すると死に至る可能性が高い病気において、エビデンスのない治療法に身をゆだねるのは、あまりに危険すぎるとは思われませんか?
ほかに治療法がないと診断されたので代替医療を、という人もおられるかもしれません。その心情が理解できない訳ではありません。しかし、ほとんどの医師は、たとえ自分がそのような状況になったとしても、代替医療に大枚をはたいたりしないでしょう。

P187
その本(住人注;アルトゥール・ガワンデというハーバード大学教授の「死すべき定め―死にゆく人に何ができるか」(みすず書房))では、末期のがん患者の場合、緩和ケアをしっかりうけるようにした方が、抗がん剤などの治療を中止するタイミングもホスピスに入るタイミングも早くなった、そして、臨終の苦痛が少なかった、という研究が紹介されています。
でも、そんなことをしたら寿命が短くなってしまったのではないかと思われるかもしれません。わたしもそんな気がします。しかし、実際は逆で、平均25%も長生きしたというのです。
末期がんで代替医療に身をゆだねるよりも、心の平穏が得られるし、この方がはるかにいいと思うのですが、いかがでしょう。

(あまり)病気をしない暮らし
仲野徹 (著)
晶文社 (2018/12/6)

DSC_6213 (Small).JPG金峯山寺


タグ:仲野徹
nice!(1)  コメント(0) 

免疫療法 [医学]

小野寺(住人注; 小野寺時夫) なんでも許されるという感覚で、免疫療法なんかもひどい。300万円から最高で2000万円かけた免疫療法をやった患者さんを、20人ほど知っていますが、ひとりも効いていません。

別冊宝島2000号「がん治療」のウソ
別冊宝島編集部 (編集)
宝島社 (2013/4/22)
P39

DSC_0905 (Small).JPG両子寺

さらに詳しく


nice!(2)  コメント(0) 

聞人と達人 [倫理]

子張問ふ、士如何なればこれを達と謂うべき。
子曰く、何ぞや、爾( なんじ )がいはゆる達とは。
子張対( こた )へて曰く、那に在りても必ず聞こえ、家にありても必ず聞ゆ。
子曰く、これは聞なり、達にあらざるなり。
それ達なるものは、質直にして、義を好み、言を察して色を観、慮( はか )って以て人に下る。
那にありても必ず達し、家にありても必ず達す。
それを聞なるものは、色に仁をとりて行いは違い、これに居りて疑はず。
国にありても必ず聞こえ、家にありても必ず聞こゆ。

                       安岡 正篤

                       論語に学ぶ(

                       PHP研究所 (2002/10)

                     P176


論語に学ぶ (PHP文庫)

論語に学ぶ (PHP文庫)

  • 作者: 安岡 正篤
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2002/10/01
  • メディア: 文庫


1927480宝泉院

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 

人気というもの [処世]

芸能界を横からみて五〇年。人気スターが忘れられていく虚しさを、何度も味わってきた。
一方で、その名を残してきたスターたちが、いかに人気に流されないように、みずからエンジンブレーキをかける努力をしてきたかも見てきた。 

                       永 六輔

                       伝言

                       岩波書店 (2004/2/22)

                       P30



伝言 (岩波新書)

伝言 (岩波新書)

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2004/02/22
  • メディア: 新書


-c68fe.jpg関門橋

さらに詳しく


タグ:永 六輔
nice!(0)  コメント(0) 

デマ [言葉]

煽動政治家が民衆を扇動することを、英語でデマコギーという。
日本では、略してデマという。日本語でデマをとばすといえば、いい加減な、でたらめなことを言いふらすという意味である。デマがデマだとわかっていれば、弊害はない。まことしやかなデマには、よほどしっかりしていないと、たいていの人はのせられる。

民主主義
文部省 (著)
KADOKAWA (2018/10/24)
P133

DSC_6222 (Small).JPG金峯山寺


タグ:文部省
nice!(0)  コメント(0) 

アドリブ [経営]

ぶっつけ本番と事前に準備したものとでは雲泥の差が生まれる。
どちらが人に感動を与えるか。当然後者である。
準備してくれたことにも人は感動するからだ。

橋本 保雄 (著)
感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学
大和出版 (1999/09)
P167

感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学

感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学

  • 作者: 橋本 保雄
  • 出版社/メーカー: 大和出版
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本


2947039第21回海峡花火大会

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

二日酔い防止 [雑学]

P148  その物質が、からだに何らかの悪さをする、ひろい意味での「毒」である場合、口にしてしまった時、いかにして、その毒性を抑えることができるかが問題になります。
先に書いた順でいくと、第一段階としては、吸収を抑えてやる、次には代謝をあげて速やかに分解してやる、そして、排出を促してやる、ということになります。~中略~
 物質によって、消化管のどの部位において吸収されるかが決まっています。アルコールは、炭水化物のように酵素で分解などされることなく、アルコールのままで胃や所長の上部から吸収されます。~中略~
胃の中にアルコール以外のなにかがはいっていたら吸収は遅くなり、なにもなかったらアルコールの濃度が高くなって、吸収されやすいということです。
 これを避けるためには、まずなにか胃に入れてからアルコールを飲めばよろしい。簡単なことです。嫌いだから決して飲みませんが、牛乳がよいという話はよく聞きます。胃粘膜に層を作って吸収が抑えられると説明されていますが、どうやらその説はウソらしくて、単に濃度の問題のようです。

P151
 お次は代謝。いかにして肝臓におけるアルコールの代謝をあげてやるか、です。悪酔いを抑えるとか二日酔いの防止を謳うサプリメントなどがたくさん売られていますが、その多くはこのカテゴリーに入ります。
~中略~
 ひとつは、ご存じウコン系。飲み物やら錠剤やらパウダーやら、いろんなものがいくつものメーカーから発売されています。その主成分はクルクミン。別名ターメリック、カレーにも入っているやつです。調べてみましたが、クルクミンが肝臓の働きをよくする、そして、経験的にアルコールの悪い影響をなくす、ということはわかっているけど、実際にどんなメカニズムで効いているかはよくわかっていないようです。あれだけ飲まれているのに、ちょっと意外です。
 ふたつめはアミノ酸系。ウコン系が苦くてやや飲みにくいのに比べると、こちらは味付けがよろしくて飲みやすい。アミノ酸を混合したものだけでなく、肝臓水解物、しじみエキス、牡蠣エキス、とかそれぞれ成分に特徴がありますが、おおむねアミノ酸系+αと考えていいでしょう。
 こういったサプリメントにも、肝臓の働きをあげる、といった漠然とした書き方がされているだけで、アルコールそのものの代謝にどの程度関係しているのか、というのはいまひとつわかりません。

P154
 吸収、代謝がすんで、三つ目は排出です。摂取されたアルコールの一部は、汗、尿、呼気などから直接出て行きます。ただし、通常の状態では、その量がたかだか摂取量の10%以下とされています。~中略~
 ついでにいうと、漢方薬である五苓散は二日酔いに効くとされています。うれしいことに、このお薬は、体の中の水の分布をただすことによって、悪心、嘔吐、頭痛といった悪酔いや二日酔いの症状をすべてやわらげてくれるそうです。

(あまり)病気をしない暮らし
仲野徹 (著)
晶文社 (2018/12/6)

 

 

 

DSC_6208 (Small).JPG金峯山寺


タグ:仲野徹
nice!(1)  コメント(0) 

成功したい [処世]

もしあなたが、
ビジネスで成功したい、収入を増やしたい、人に好かれたいと願うなら、
他の人のために何か小さな無私の行為をして見ましょう。
もっと人にていねいに接してみましょう。

デール・カーネギー 著
田中 孝顕 訳
こうすれば必ず人は動く
騎虎書房
P110

こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く

  • 作者: デール・カーネギー
  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2008/09/30
  • メディア: 単行本


-7d406.jpg富貴寺

もっと詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

生命維持治療の中止は違法行為?  [医療]

 確かに、生命維持治療の差し控えと中止を倫理的に同質の行為とみなすことで、様々な問題が矛盾なく解決できるかもしれない。
とはいっても、実際に生命維持治療を中止した結果、違法行為として訴えられることはないだろうか。
医師の中には、「生命維持治療の中止は個人的には許容できるが、実際に行うことについては訴追の恐れがあるため躊躇する」という意見は少なくない。
 過去には生命維持治療を中止した医師が警察の介入を受け送検されたケースが存在する(2004年道立羽幌病院事件、2007年和歌山県立医大病院事件)。
これらの事件はニュースでセンセーショナルに(例えば「安楽死を実施した医師に殺人容疑」といった文面で)取り上げられたりしたものの、最終的にはいずれも不起訴に終わっている。
しかし、その顛末はほとんど取り上げられておらす人々の印象には残っていない。~中略~
実際のところ、この行為が「犯罪とみなすべき悪事」と広く社会から非難されたわけでもなく、司法的にも不起訴になっているにもかかわらず(というよりそもそも「安楽死」ですらないのだが)、「活字の威力」は絶大である。
これら一連の出来事が一般市民だけでなく、医師に与えた影響は計り知れない。
「利用可能性ヒューリスティック」の影響によって、多くの医師は生命維持治療の中止を「安楽死の一種である」「違法な行為である」と解釈するようになった。
「利用可能性ヒューリスティック」とは、想起しやすい記憶情報を優先的に頼って判断してしまう傾向のことであり、我々人間はとりわけインパクトが大きな情報に判断が引きずられやすい傾向がある。
このようにして誰が定めたわけでもない「一度始めた生命維持治療はやめられない」という不文律は「利用可能性ヒューリスティック」によって確信となっていったのである。
 しかしながら、実際には、先の事件の後、生命維持治療の中止は少なからず実施されていることがわかっているが(NHKのドキュメント番組でも公表されている(4))、この10年以上の間、生命維持治療を中止したからといって無条件に法的な介入を受けることを心配するのは、わずかな訴訟のリスクを過大評価し、「訴えられるかもしれないから治療を中止できない」と過度に心配している状態に陥っているといえよう。
~中略~
かといって合法とみなしうるための要件が示されたわけでもない。結局のところ、生命維持治療の中止が違法なのか合法なのか司法の判断は示されていない。
この判決を行った東京高等裁判所は「治療中止の問題を解決するには、法律を制定する、あるいは、それに代わるガイドラインを策定する必要性がある。・・・・・・・この問題は、国を挙げて議論・検討すべきものであって、司法が抜本的な解決を図るような問題ではない」と言及している。
なお、わが国において生命維持治療の差し控え・中止を法制化する動き(いわゆる尊厳死法案)はかねてからあるものの、一度として国会で議論すらされていないところを見ると、当面のあいだ法制化は期待できないだろう。

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者
大竹 文雄 (著), 平井 啓 (著)
東洋経済新報社 (2018/7/27)
P212

DSC_5911 (Small).JPG宝満山


タグ:大竹 文雄
nice!(1)  コメント(0) 

夏のもてなし [雑学]

 夏はものごとみな、涼しく、涼しげなのがなにより、という。いうまでもないこと、暑い時には涼しさが最上のもてなしだし、涼しくできずとも、せめて涼しげに、と心くばりするのは、当然のことだろう。
 また、夏はあっさりがいい、しつこいのはよくない、という。これも一応は、なるほどその通りだとうなずける。部屋のしつらえも、飾りつけなど少なくし、家具もなるべくは片付けて、しつこくなくする。衣服もあっさりした柄の白地を着る。

 衣と住はたしかに、あっさりしたのがいい。だが、ことひとたび食に関してとなると、私はとてもあっさりだけでは、不承知なのである。なにしろ気候からしてが、かなりな湿度を伴った、相当しつこい暑さである。それをしのごうというのに、あっさりではとても、保つものではない。
(一九七一年 六十六八歳)

幸田文 台所帖
幸田 文 (著) , 青木 玉 (編集)
平凡社 (2009/3/5)
P128

幸田文 台所帖

幸田文 台所帖

  • 作者: 幸田 文
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2009/03/05
  • メディア: 単行本


唐戸 (7) (Small).JPG唐戸市場


タグ:幸田 文
nice!(0)  コメント(0) 

明るくなければならない [対人関係]

人は明快灑落( めいかいしゃらく )の処無かる可からず。


若し徒爾( とじ )して畏縮趑趄( いしゅくしそ )するのみならば、


只だ是れ死敬なり。


甚事( なにごと )をか済( なし )し得む

                       「 言志録 」第一六〇条


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P70

人には、さわやかで気持ちよく、きっぱりした明るさがなくてはならない。
縮こまったり、ぐずぐずするばかりでは、これは活きた敬ではなく死んだ敬であり、どんなことでも成就しない。

住人付加;
>>>灑落
徒爾(とじ);無益であること。むだであること。また、そのさま。
趑趄;「趑趄、行不進也。」(趑趄は行の進まざるなり。)、『廣雅』に「趑趄、難行也。」(趑趄は行い難しなり。)

[現代語抄訳]言志四録

[現代語抄訳]言志四録

  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2005/05/26
  • メディア: Kindle版

 


1915404道後温泉

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 

人間けだもの [宗教]

  やはりお坊さんとて人間です。弱いところもあるはずなのに、偽善ぶっていつまでも偉そうに説法しているのでは、ファンはついてこないに違いありません。
 書家の相田みつをの有名な言葉に「人間だもの」というのがあります。

 これに「け」の一字を入れると、「人間けだもの」。
「けだもの」だからといって、それがすべて悪いわけではありません。

 お坊さんとて、「人間けだもの」の自覚をもって、「弱さ」や「おもしろい」を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
その上でそれをどう制御していくか、そのことを考えるのが宗教だと私は思います。

マイ仏教
みうらじゅん (著)
新潮社 (2011/5/14)
P131

マイ仏教 (新潮新書)

マイ仏教 (新潮新書)

  • 作者: みうらじゅん
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/14
  • メディア: 新書


DSC_6002 (Small).JPG高松

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 

意思を表示したくないという意思 [ものの見方、考え方]

 2017年の世論調査によれば、臓器移植の意思表示をしている人の割合は12.7%にとどまっており、その割合は過去20年大きな変化が見られない(14)。
残りの8割以上は、意思表明をしたくないという意思を持っているか、もしくは単に意思が不明であるかのいずれかである。
法律の改訂により、本人の意思が不明な場合には家族の同意だけで提供ができることになったが、それは、意思表示をしていない8割強のうちの「意思表示をしていないが、提供には反対ではない(かもしれない)人たちに対する政策的介入と考えられる。
 この結果、たとえば図9-2において「意思表示をしたいとは思わない」と明示的に解答した24.4%の意思は、「意思なし」とみなされ、家族が決定するというかたちで「提供意思」の一部に含められることとなった。
現行の日本の制度は、意思表示カードが用意されているという意味ではオプトインのようにみえるのだが、実際には、本人の提供意思が明らかでない場合には、「(本人の提供意思は考慮から外して)家族が判断する」というかたちで、提供意思のデフォルトをへんこうしたのだといえる。
 臓器提供の意思表示において、デフォルトの変更を行うことが強い介入となることは、先に議論したとおりである。
そうした介入に際しては、「意思を表示したくないという意思」を示すことができる余地を作ることや、「わからない」と答える者に対して熟慮の機会を提供するといった、アーキテクチャーの設計に関する議論が同時になされなければならない。こうした配慮を欠いた政策は、自由に対する過剰な介入だという批判を免れないだろう(15)。
 この改定により、意思決定に際して家族が背負うことになる負担がこれまで以上に重くなったという点も見過ごすことができない。ドナー家族へのサポートや支援が全く整備されていないなかで、不確実性の高い状況におかれた家族が重大な決定主体とならざるを得ない制度設計を行うことは、移植医療全体のガバナンスにとって決して得策とはいえない。
臓器移植医療においては、臓器の提供件数が少ないために様々な問題が生じているとはいえ、提供数を増やそうとすることでそうした問題がただちに解決されるわけではない。
本章でとりあげた意思表示の仕方や家族の関わり意外にも、脳死判定を行う各医院のコストや、医療現場への負担といった、医療体制の実体に即した適切な介入のあり方を模索しなければならないだろう。
いたずらに提供数を増やそうとすることは、却ってシステム全体に負の影響を引き起こすことになる。

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者
大竹 文雄 (著), 平井 啓 (著)
東洋経済新報社 (2018/7/27)
P197

DSC_5892 (Small).JPG宝満山


タグ:大竹 文雄
nice!(1)  コメント(0) 

自分がいちばん至らない [対人関係]

心を訓練する八つの詩頌より

誰かと一緒のときは
つねに自分が最も劣っているとみなし
心の底から
相手を愛しみ、最高のものと思えますように

ダライ・ラマ14世テンジンギャツォ (著), Tenzin Gyatso H.H.the Dalai Lama (原著), 谷口 富士夫 (翻訳)
ダライ・ラマ 365日を生きる智慧
春秋社 (2007/11)
はしがき

ダライ・ラマ 365日を生きる智慧

ダライ・ラマ 365日を生きる智慧

  • 作者: ダライ・ラマ14世テンジンギャツォ
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2007/11/01
  • メディア: 単行本


1927516寂光院

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

アル中 [雑学]

 アルコール中毒、英語では"alcoholism"といいます。~中略~
 医学書をひもとくと、アルコホリズム=アルコール中毒には急性と慢性がある、と書かれています。
急性アルコール中毒というのは、ご存じのように、アルコールを短時間に大量に摂取したため意識レベルが低下し、脳幹部まで麻痺がおよんで呼吸や心機能が停止してしまいかねない恐ろしい状態です。
 命にかかわる危険性もあるので、一気飲みなどもってのほかなわけです。~中略~
 さて、お次は慢性アルコール中毒。と言いたいところなのですが、いまでは、正式名称は慢性アル中ではなく、アルコール依存症です。
中毒を、これまた広辞苑でひくと「飲食物または内用・外用の薬物などの毒性によって生体の組織や機能が障害されること」とあります。なので、急性アルコール中毒は、定義からいっても中毒です。が、確かに、「慢性アルコール中毒」というのは、アルコールそのものの直接的な作用でありませんから、中毒というのはおかしいのです。
 それに、アルコール依存症というのは、意思が弱くてアルコールをやめられないためになるのではなくて、薬物依存の一種ととらえられるようになってきています。

小田嶋隆さん(住人注:「上を向いてアルコール―「元アル中」コラムニストの告白」(ミシマ社))は西原理恵子さん(住人注:亡き夫・鴨志田穣氏が強烈なアルコール依存症であったため「日本で一番有名なアル中の家族」として苦労した漫画家)と同様、一貫して「アル中(=慢性アルコール中毒)」という言葉を使っておられます。
これは、前の項でも書いたように、医学的には正しくありません。
しつこいようですが、中毒をもう一度広辞苑でひくと「①飲食物または内用・外用の薬物などの毒性によって生体の組織や機能が障害されること」と「②身近にあることになれすぎて、無感覚になること。また、それなしにはいられなくなること」とあります。
 スマホ中毒、とかいうと、スマホは飲食物や薬物じゃないのですから、②の意味だとすぐわかります。けど、アルコール中毒となると微妙です。~中略~
 小田嶋さんの主治医は、以前、久里浜医療センターという日本で最高レベルのアルコール依存症治療機関におられた医師です。すこし意外なことに、その先生も「アル中」派です。
「依存症といえば可愛そうな人というイメージがあるけれど、「中毒」というと、どうしようもないこのクズという感じが強調される」(「上を向いてアルコール―」より)から、意図的に使っておられるとのこと。いろんなケースがあるのでしょうけれど、所詮アルコール依存症患者はどうしようもないという発想で、基本西原さんと同じ考えです。身近にアルコール依存症患者がいたりする人にしかわからない不快な理由があるんでしょうなぁ。
「アル中」という言葉には、そういった悪しきニュアンスが含まれているので、「アル中」は放送禁止用語です。
一方、「アルコール依存症」といえば、病気に罹ったなんだか可哀想な人という雰囲気がそこはかとなく漂います。単なる言葉の問題かもしれませんが、正しくアルコール依存症を理解するためには、「アル中」と「アルコール依存症」の中間的な言葉があったほうがええんちゃうかという気がします。
「嗜癖」というとちょっとニュアンスが違うんで、きちんと定義して「アディクション」を使ったらどうかと思うんですけど、どうでしょうね。小田嶋さんとの対談では、そんな話もしてました。  小田嶋さんによると、「アル中」になるにはこれといった明らかな要因はなくて、だらしなく飲んでいるうちにどんどん深みにはまっていくものだそうです。そして、俺はアルコール依存症ではない、と否認している間にアルコールなしでは生活できなくなり、周囲に迷惑をかけ、仕事ができなくなり生活が破綻していくと。あな恐ろしや。
 偶然に受診して、治療してもらうことになったという小田嶋さんの主治医は、かつて専門家でしたが、「アル中」患者を診ないことに決めておられました。なんとなくわかるような気がします。
「アル中」にもランクがあって、久里浜医療センターで治療を受けるような人は「エリート」だそうです。そんなエリートを治療しても、そのうち8~9割がスリップしてしまうという状況です。同じ人が何度もスリップすることもあるでしょうから、退院させても、退院させても、ほとんどがリターンしてくるのです。なんとなく、賽の河原で石を積むような気がしてしまうのではないかと想像しています。

(あまり)病気をしない暮らし
仲野徹 (著)
晶文社 (2018/12/6)
P130

 

 

DSC_6206 (Small).JPG 金峯山寺


タグ:仲野徹
nice!(1)  コメント(0) 

春風秋霜 [対人関係]

春風を以って人に接し、


秋霜を以って自らを粛( つつし)む

                       「 言志後録」第三三条


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P99



[現代語抄訳]言志四録

[現代語抄訳]言志四録

  • 作者: 佐藤 一斎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2005/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



1917609観世音寺1

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

トランスセオレティカル・モデル [言葉]

行動変容に関する代表的な理論として、トランスセオレティカル・モデル(Trans-theoretical model)がある。
この理論は、
行動を、「何もしていない」
「何かをはじめた状態」
の二つではなく、
行動変容のような変化に対して、
「ほとんど関心のない」前熟考期(無関心)、
「関心があるが実際の変化はまだ先だと思っている」熟考期(関心期)、
「関心があり準備中である」準備期、
「新しい行動をはじめたばかり」の実行期、
「行動変容を継続している」維持期
の5つのステージがあり、人は行動変容のステージを1つづつしか上がることができず、またステージごとに必要な介入方法が違うと考えるものである。
「ほとんど関心のない」前熟考期の対象者の行動変容を引き起こすには、適切な情報をインプットし、関心を高める介入が必要である。
これに対し、「新しい行動をはじめたばかり」の実行期の対象者には、新しい行動を定着させるために、継続への動機づけを高めるための正のフィードバックを行うような介入が適用される。
つまり、トランスセオレティカル・モデルは、望ましい行動の定着をアウトカムとして設計された、対象者の様々な特性にあわせて行動変容が起きやすいようにするための仕組みのパッケージであると言える。
このように考えると、トランスセオレティカル・モデルも、本書の第2章で示した「軽く肘でつつく」という意味の「ナッジ(5)」の1つの形態であると考えることができる。

医療現場の行動経済学: すれ違う医者と患者
大竹 文雄 (著), 平井 啓 (著)
東洋経済新報社 (2018/7/27)
P105

DSC_5880m (Small).JPG宝満山


タグ:大竹 文雄
nice!(1)  コメント(0) 

いままで顧客自身が気づかなかったニーズを発見してもらう [経営]

現在在るニーズにこたえることは大切である。
しかし、同時に利用客がそこにニーズを発見するシステムを考えてゆくことも、
サービスの重要な要件だと思うのである。
視点さえ間違っていなけえれば、たったひとりのニーズは、
必ず、普遍的なニーズに昇華する。

橋本 保雄 (著)
感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学
大和出版 (1999/09)
P49

感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学

感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学

  • 作者: 橋本 保雄
  • 出版社/メーカー: 大和出版
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本


1923503横浜

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

腸内フローラ [雑学]

P037
 腸の中には、なんと、500種類程度、100兆個以上の細菌が棲んでいると考えられています。
我々の体を作っている細胞の種類が200、総数がおよそ37兆個といわれていますから、腸内細菌の多さがわかるでしょう。
ヒトの細胞にくらべて細菌はずいぶんと小さいので、コンパクトにおさまってくれているとはいえ、すごい数です。大便というのは食べ物を消化した残りかすと思われているかもしれませんが、ちがいます。およそ半分くらいは腸内細菌の死骸なのであります。
 腸内に存在する細菌は、全部ひっくるめて、腸内細菌叢、あるいは腸内フローラ、と呼ばれます。フローラというのは、もともとは「植物相」という意味の生体学用語です。

P038
ビタミンKというのをご存じでしょうか。たとえば、ちょっとしたケガをしても、すぐに血が止まります。それには、血液凝固因子という何種類ものタンパク質が機能します。ビタミンKは血液凝固因子を作る時に必要なビタミンです。
 このビタミンKは腸に棲みついている細菌で産生され、我々はそれを吸収しています。いわば、細菌は、腸の中でウンコまみれになりながら、有用な物質を作ってくれているのです。
一方で、細菌はおならのような好ましくないものを作ってしまいますけど、それくらいはまけといらんとあかんでしょう。

P040
 おなかの中の赤ちゃんは無菌です。なので、腸内フローラは生まれてからできはじめます。赤ちゃんの腸に最初にはいっていく細菌は、産道に存在する細菌です。帝王切開で生まれた赤ちゃんは、産道を通らないので、当然、腸内フローラの成立は通常の出産の場合とはちがっています。  その後はミルクや食べ物など、環境からはいりこんだ細菌が腸に棲みついてフローラが形成されていきます。
ミルクしか飲まない段階の乳児と離乳後では腸内フローラが大きく変化する、親子や夫婦でも必ずしも腸内フローラは似ていない、といったことがわかっています。
また、それぞれの人の腸内フローラにはけっこうな違いがありますが、個人の腸内フローラは比較的安定しています。
 ビタミンKのことを少し書きましたが、赤ちゃんは腸内フローラが未発達なので、十分なビタミンKが作られません。また、母乳にもあまり含まれていません。なので、新生児にはビタミンKの投与が必要なのです。
~中略~ 海に生息する細菌には海藻壁を消化する酵素を持っているものがあります。また、われわれ日本人はノリや昆布などの海藻類をよく食べます。腸内フローラのメタゲノム解析で、海藻壁を消化する酵素をもつ細菌が日本人の腸に存在することがわかったのです。
しかし、海藻類をあまり食べない欧米人の腸には見つかりませんでした。食文化が、特殊な機能を持った腸内細菌との共生に影響を与えるって、なんかすごいことやと思われませんか。

P042
 クローン病や潰瘍性大腸炎といった炎症性腸疾患と呼ばれる疾患は、我が国では比較的少なかったのですが、近年、急速に増加してきています。そういえば、安倍晋三首相も潰瘍性大腸炎でしたね。これらの炎症性腸疾患の発症には腸内細菌が関与していて、腸内フローラを改善することにより、ある程度の治療が可能ではないかと考えられています。~中略~
 生活習慣病と腸内フローラについてもおもしろいはなしがあります。
まず、肥満の人は正常体重の人と腸内フローラの組成が違います。それだけではなく、肥満の人に一年間低カロリーダイエットをしてもらって体重が減ると、腸内フローラも正常体重の人に近づいていくことがわかりました。
腸内フローラが肥満の原因なのか、それとも単なる結果なのかまではわかりませんが、なんらかの相関関係があること間違いなさそうです。

(あまり)病気をしない暮らし
仲野徹 (著)
晶文社 (2018/12/6)

DSC_6197 (Small).JPG金峯山寺


タグ:仲野徹
nice!(0)  コメント(0) 

共感することは良いこと? [医学]

P87
トラウマはすでに日常語となり、自らのうちにトラウマらしきものを見出し、自分をPTSD患者だと規定する者まで現れるようになった。
こういった世の流れからか、患者の内なるトラウマに”敏感”な治療者も増えつつあるように思われる。すなわち、患者の「心的現実」のうちに深く入り込みすぎるさまが、ここかしこで見受けられるようになった。
 一般に、治療者が患者と<共感>することは、もっぱら良いこととして捉えられている。 しかし本当にそうなのだろうか。

P89
 患者が治療者に語る言葉は、もちろん大変重要である。しかし、患者が治療者に切実にその「心的現実」を伝えようとするからといって、治療者はそれを額面どおり受け取るべきではない。治療者が望む筋立てで、患者の「心的現実」を変更させてゆく危険性さえあるのだから。
 原則として、臨床の場で患者の「心的現実」を取り扱う際、夢の場合と同様、その内容自体よりもどこに強度がおかれているかが重要である。

精神科医になる―患者を“わかる”ということ
熊木 徹夫 (著)
中央公論新社 (2004/05)

精神科医になる―患者を“わかる”ということ (中公新書)

精神科医になる―患者を“わかる”ということ (中公新書)

  • 作者: 熊木 徹夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2004/05/01
  • メディア: 新書


DSC_4724 (Small).JPG求菩提山

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 

道徳というもの [倫理]

P86
道徳について、私がいつも気になることは、どうも道徳ということを、一般的には、何か我々の生活上の特殊な問題のように考える癖がついている。
特殊なこと、不自然なこと、無理なこと、強制しなければできないことのような、そういう先入観念があります。これを先生たる者、教育者たる者は、まず直さなければならないと思う。
 人間が禽獣的・動物的段階からだんだん発達してくるにつれて、善であること、美であること、真実であること、神聖ということ、つまり価値観というものができてきました。
そして現実の上に理想が考えられるようになってきて、だんだん動物と違うようになってきた。
そこに自然に生じてきたものが道徳というものであって、道徳とは、一般概念と違って、最も自然なものなのです。
道徳とは特殊なもの、不自然なもの、何か作為的なもの、強制的なものだと考えることが根本的な間違いで、逆に、道徳というものが一番自然なもの、最も真実なものであるということは、はっきりわきまえなければいけない。また、わきまえさせなければいけない。これをなくしたら、元の禽獣にはね返ってしまう。
 早い話が飲食をするということ、飲んだり食ったりするということが、これからして実は道徳なのです。人間ともなれば、犬や猫のようにはできぬ。飲食の仕方が違ってくる。

P88
 西洋でも物のわかった学者は、宗教と道徳とを区別したのは、人間のとんでもない間違いだと言っておるが、その通りで、広い意味において、人たることは道徳なのだ。すべて、人間はいかに生くべきかということなのであって、これを間違えたら人間は破壊してしまう。

P90
 つまり道徳というものは、小なり大なり人間のあり方、人間の行動をいかに自然にするか、いかに真にするか、美にするか、人と人との間をいかに良くするかです。これが道徳です。

安岡正篤
   運命を開く―人間学講話
  プレジデント社 (1986/11)
  

人間学講話第2集 運命を開く (安岡正篤人間学講話)

人間学講話第2集 運命を開く (安岡正篤人間学講話)

  • 作者: 安岡 正篤
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 1986/12/02
  • メディア: 単行本


宇治川 (4) (Small).JPG 宇治川

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 

民主主義 [社会]

多くの人々は、民主主義とは単なる政治上の制度だと考えている。民主主義とは民主政治のことであり、それ以外の何ものでもないと思っている。
しかし、政治の面からだけみていたのでは、民主主義を本当に理解することはできない。政治上の制度としての民主主義ももとよりたいせつであるが、それよりももっとたいせつなのは、民主主義の精神をつかむことである。
なぜならば、民主主義の根本は、精神的な態度にほかならないからである。
それでは、民主主義の根本精神はなんであろうか、それは、つまり、人間の尊重ということにほかならない。
 人間が人間として自分自身を尊重し、互いに他人を尊重しあうということは、政治上の問題や議員の候補者について賛成や反対の投票をするよりも、はるかにたいせつな民主主義の心構えである。
~中略~
民主主義の精神が自分自身を人間として尊重するにあるからといって、それをわがままかってな利己主義ととり違える者があるならば、とんでもないまちがいである。
自らの権利を主張する者は、他人の権利を重んじなければならない。自己の自由を主張する者は、他人の自由に深い敬意を払わなければならない。
キリストは、「すべての人に為(せ)られんことを思ふことは、人にもまたそのごとくせよ」と教えた。孔子も、「おのれの欲せざるところは、人に施すことなかれ」と言った。
もしもこの好意と友愛の精神が社会にゆきわたっているならば、その社会は民主的である。もしもそれが工場の労働者と使用者との関係にしみこんでいるならば、その工場は民主的である。~中略~
どこでも、いつでも、この精神が人間の関係を貫いている場合には、そこに民主主義がある。政治もまた、この精神を基礎にした場合にのみ、ほんとうの意味で民主的でありうる。

民主主義
文部省 (著)
KADOKAWA (2018/10/24)
P17

DSC_6193 (Small).JPG金峯山寺

さらに詳しく


タグ:文部省
nice!(0)  コメント(0) 

この人民ありてこの政治あるなり [日本(人)]

  愚民を支配するには、とても道理をもって諭すべき方便なければ、ただ威をもって畏すのみ。
西洋の諺に愚民の上に苛き政府ありとはこのことなり。
この政府の苛きにあらず、愚民の自ら招く災いなり。

福沢 諭吉 (著)
学問のすすめ
岩波書店; 改版版 (1978/01)
P18 学問のすゝめ 初編

学問のすゝめ (岩波文庫)

学問のすゝめ (岩波文庫)

  • 作者: 福沢 諭吉
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1978/01/01
  • メディア: 文庫


-ad342.jpg 壇上伽藍 金堂 高野山 

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 
前の30件 | -