So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

コンプレックスが人を突き動かす [ものの見方、考え方]

  「スリッパの法則 プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方」(PHP研究所)という本がある。その著者で投資家でもある藤野英人氏は、投資検討中の企業を訪問したときに、「この社長はどういうコンプレックスに突き動かされているのか」ということをまず分析すると述べる。
 藤野氏によれば、リーダーを目指す人は、だいたい過去にコンプレックスを持っていることが多いというのだ。経歴を調べてみるとなぜか社会人になる以前の経歴が不明だったり、親しくなってもなぜか家庭の話をいっさいしなかったり、ということがよくある。
 自分の容姿に長年コンプレックスを抱いていて、女性にモテなかった過去から、いつか見返してやろうと努力を続け、その結果人が羨む大成功を遂げた経営者も少なくないという。しかしいくら功成り名遂げたとしても、コンプレックスそのものはいつまでも解消されない。そのため彼らは、さらなる成功を目指して突き進んでいくのである。
 こうした心理は経営者に限らず、あらゆる世界のリーダーに共通する感情かもしれない。
 ハロルド・ラスウェルという政治学者は、著作の「権力と人間」(東京創元社)の中で、「どのような人間が権力者を目指すか」という研究成果を発表した。それによれば、政治家の多くが幼少期に、権力に無理やり屈服させられたような嫌な記憶を持っており、その反動で自分が権力者になることを目指すのだという。
望みを挫折させられて、その恨みを社会に晴らすために政治権力を握ろうとする人が多いそうなのだ。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P203

 

 

DSC_4141 (Small).JPG企救自然歩道


タグ:瀧本 哲史
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

死ぬまで色欲 [雑学]

 ネット詐欺の第1位といえば、何を思い浮かべるでしょうか?アダルトサイト詐欺です。
高齢だと性的なことには興味がないとついつい思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
ちなみに、消費者センターの「消費者トラブル110番」に寄せられた高齢者の相談では、1位がアダルトサイト、2位がパソコンサポート、3位が医療サービスでした。7)
~中略~
 出会い系サイトで、女性と知り合えると思ってお金をつぎ込んでしまうこともあります。こういった被害はもちろん男性が多いのですが、女性でも騙されてしまうことがあるのです。しかし家族には相談できないので、穏便に済ませようとお金を払ってしまいます。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P172

DSC_4106 (Small).JPG企救自然歩道


タグ:平松 類
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい文明の型への憧憬 [日本(人)]

  余談ながら、日本人があたらしい文明の型をみたときにうける衝撃の大きさとふかさは、とうてい他民族には理解できないであろう。
 日本人を駆りたてて維新を成立せしめたのは、江戸湾頭でペリーの蒸気軍艦をみたときの衝撃であるということは、すでに触れた。

 衝撃の内容は、滅亡への不安と恐怖と、その裏打ちとして新しい文明の型への憧憬というべきもので、これがすべての日本人におなじ反応をおこし、エネルギーになり、ついには封建という秩序の牢獄をうちやぶって革命をすらおこしてしまった。この時期前後に蒸気軍艦を目撃した民族はいくらでも存在したはずだが、どの民族も日本人のようには反応しなかった。
~中略~

事実、三年後にかれら(住人注;島津斉彬、鍋島直正、伊達宗城)のひきいるこの三藩が、相前後してそれをつくることに成功したことは、大げさにいえば世界史的奇跡といっていい。

花神〈上〉
司馬 遼太郎 (著)
新潮社; 改版 (1976/08)
P204



  

IMG_0009 (Small).JPG

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

稼ぐ人間の分類 [経営]

儲かる漁師を分類すると、次の6つにそのタイプを説明することができるだろう。
1、商品を遠くに運んで売ることができる人(トレーダー)
2、自分の専門性を高めて、高いスキルによって仕事をする人(エキスパート)
3、商品に付加価値をつけて、市場に合わせて売ることができる人(マーケター)
4、まったく新しい仕組みをイノベーションできる人(イノベーター)
5、自分が企業家となり、みんなをマネージ(管理)してリーダーとして行動する人(リーダー)
6、投資家として市場に参加している人(インベスター=投資家)

 まず理解していただきたいのは、「資本主義社会の中で安い値段んでこき使われず(コモディティにならず)に、主体的に稼ぐ人間になるためには、この6タイプのいずれかの人種になるのがもっとも近道となる」ということである。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P112

 

DSC_4138 (Small).JPG企救自然歩道

さらに詳しく


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

忖度( ソンタク) [日本(人)]

日本のあり方がいいといっているわけではない。
 「察する」
 という点で、日本人が長(た)け、アメリカ人は弱い、というディーン・バークランド教授の意見に同感し、それについて、私は感想を補足したまでである。
 さらにくどくいうと、日本人は”察する”ことに長じているために沈黙し、アメリカ人は、この世に”察する”などは存在せぬはずだという”はず”があるために、主題に関する全空間を自分の言語と論理でうめつくそうとする。
そういう両国が、一八五三年(嘉永六)以来、摩擦をつづけてきたのである。

アメリカ素描
司馬 遼太郎(著)
新潮社; 改版 (1989/4/25)
P139

DSC_3859 (Small).JPG関門海峡


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アラ [雑学]

  それら(住人注;揖夜神社の境内のすみの摂社や末社)のなかに、「荒神社」という標柱の出た石のホコラがあった。
荒神社(こうじんしゃ)でなく、荒神社(あらじんじゃ)とふりがなが振られていることがおもしろかった。
 アラという呼称は日本の古い姓氏にも多い。安良(あら)という文字をあてたりする。
太田亮博士は荒氏は「任那(みまな)帰化族なるべし」などと推量されているが、おそらく南朝鮮の伽耶(かや)地方を故郷とする氏族なのであろう。
古代、朝鮮半島の全体もしくは一部を、カラ(韓)、カヤ(伽耶)、アヤ(漢)、アラなどと呼んだ。とすればこの「荒(あら)神社も、韓神をまつるホコラなのかもしれず、すくなくともそんな想像を刺激してくれる。

街道をゆく (7)
司馬 遼太郎(著)
朝日新聞社 (1979/01)
P272

 

DSC_3711 (Small).JPG豊前坊高住神社


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカ市民を儲けさせるのが大統領の役目 [国際社会]

アイアコッカ氏が、ある人がこういった、と書いている。
「なぜ、みんながあなた(注・アイアコッカのこと)を大統領にしたがるか、わかりますか。
理由は簡単です。国民はもうだれを信じていいのかわからくなったのです。そこへあなたが現れ、彼らに語りかけ(注・かfれはテレビ―といっても自社のコマーシャル―によく出る)信じさせ、約束を実行した。裏切らなかった。アメリカ国民は、裏切られ続けてきましたからね」
 この言葉は、平均的アメリカ人の本音かもしれない。アメリカ市民ぜんたいを儲けさせる、豊かにさせる、それだけを保証するのが大統領であるはず、というのである。
であるのに、その”期待”をどの大統領も裏切りつづけたじゃないか、と解していい。
考えてみると、アメリカというのは、まことにあっけらかんとした国である。
それだけに、アメリカの儲けを阻んでいる相手には、これほどどすのきいた国はない。そのことは二十世紀初頭前後の凄惨な日系人排斥をみればわかる。

アメリカ素描
司馬 遼太郎(著)
新潮社; 改版 (1989/4/25)
P114

 

DSC_3866 (Small).JPG関門海峡


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米国という国 [国際社会]

  「真珠湾攻撃の直前に米国国務省が日本政府に送った<ハル・ノート>と同じような通牒を受け取った場合、モナコ公国やルクセンブルク大公国でさえも米国に対して矛をとって起ち上がったであろう」というのは、後に東京裁判で被告人全員を無罪としたインドのパール判事の意見書に表わされて有名になったが、これは現代史家のアルバート・ノックの論評から引用されたものだった。
 この一文が示すとおり、ハル・ノートはこれまで頑なに避戦の姿勢を貫いてきた人たちを「開戦已むなし」と決心させてしまうことになる。昭和天皇もその例外ではあらせられない。

語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」
竹田 恒泰 (著)
小学館 (2005/12)
P92

台湾DSCF0002 (2).JPG


さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誤嚥性肺炎 [医学]

 人間が口から入れたものは、食道を通って胃に行きます。空気の場合だけ、気管を通って肺に流れるようになっています。これは自動的に判別しています。
 しかし、判別が年齢によりうまくいかなくなってきます。1)すると本来は空気が通るべき道である気管に、食べ物や飲み物やつばが流れ、肺に向かってしまうのです(P190の図5)。そのままだと肺炎になってしまうため、むせて吐き出しそうとします。
 筋力がしっかりある若い頃は、むせるほどではなく、咳を1,2回すれば食べ物などが排出されて正しいほうに流れていきます。けれども年を重ねると、押し出す力も弱くなるのです。2)
 痰が多くなるのも、むせることと関係しています。 ~中略~
痰は汚いし吐かないほうがいいと思うかもしれませんが、痰を出すというのは大切なことなのです。高齢者が痰をうまく出せずに肺に入りっぱなしだと、肺炎を起こしてしまいます。
痰や食べ物が肺に入ってしまって肺炎になることを誤嚥性肺炎といいます。
 誤嚥性肺炎では、昨日まで元気だった人が突然肺炎になって生死の境をさまよってしまうこともあるのですが、こうなると本人も家族もびっくりします。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P189

 

 

DSC_4119 (Small).JPG企救自然歩道

 


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コモディティ化 [言葉]

 コモディティ(comodity)とは英語で石鹸や歯ブラシなどの「日用品」を指すときによく使われる言葉だが、経済学や投資の世界ではちょっと違う意味で使われる。
 市場に出回っている商品が、個性を失ってしまい、消費者にとってみればメーカーのどの商品を買っても大差がない状態。それを「コモディティ化」と呼ぶ。
 経済学の定義によれば、コモディティとは「スペックが明確に定義できるもの】のことを指す。材質、重さ、大きさ、数量など、数値や言葉ではっきりと定義できるものは、すべてコモディティだ。
 つまり「個性のないものはすべてコモディティ」なのである。どんなに優れた商品でも、スペックが明確に定義できて、同じ商品を売る複数の供給者がいれば、それはコモディティになる。
 一定のレベルを満たしていれば、製品の品質は関係ない。たとえば、日本の自動車部品メーカーが作る製品の質は、非常に高いレベルにある。しかし、グローバル化して少しでも安い部品を調達したい自動車会社から見れば、一定のスペックを満たしていれば、それらの部品はすべて「同じ」と判断される。
だとすれば、少しでも価格が安いほうから買いたい。
 だから、今の自動車業界、とくに部品を教習するビジネスは、どれほど品質が高くても買い叩かれる構造となっている。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P31

DSC_3778 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

たがが英語 [言葉]

 日本人にとって、あらゆる知性の基盤は日本語によって作られます。英語を学ぶにしても、あるいはほかの教科を学ぶにしても、まずは母国語によって物事を深く考える力が求められます。
過度の英語信仰や英語漬けは、その礎を揺るがす危険を強く孕んでいるのです。
大西泰斗

40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編
モーニング編集部 (編集), 朝日新聞社 (編集)
講談社 (2010/7/23)
P21

-2cea7.jpg霧島市高千穂河原古宮址 3

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

食べられないから小食 [養生]

 食事を野菜中心にしている高齢者は多いです。若い人は脂っこいものばかり食べるので、高齢者のほうがかなり健康的に見えます。
 また、高齢者の食事は少量になりがちです。ドカ食いする若者が多いことを考えますと、これも健康的な感じがします。
 中には健康への意識が非常に高くて、野菜ばかり食べる高齢者もいます。しかし多くの高齢者は、後向きの理由でこのような食事をしてしまっているのです。
 ではなぜ、高齢者は先のような食生活をしてしまっているのでしょうか。理由は大きく三つあります。
 一つ目の理由は、肉や繊維質のものを好まなくなること。野菜を積極的に選ぶといいうよりも、肉や繊維質を避けているのです。 ~中略~
 二つ目の理由は、食べてすぐに満腹を感じてしまうこと。 高齢者は、満腹中枢がうまく機能しません。3)コレシストキニンという満腹ホルモンが空腹時も多いので、満腹なのかそうでないのかもよくわからなくなります。4)そのため志村けんさんのお笑いネタのように、さっき食べたばかりなのに「お昼はまだかいね?」と言ってしまうこともあります。
 三つ目の理由は、小分けにして食べる癖がつくため、食事の量が減ること。
 小分けにしても総量は変わらないから問題ないにでは、と思いませんか? しかし、小さく盛られていると、結果的に摂取する量が減ることが、研究により明らかになっているのです。
 人間は無意識に、小分けにされているものでもそれを見ると、十分に量があると判断してしうまうからです。つまり「満腹だ」というのは、胃や血液だけでなく、目からの情報でも決まってしまうのです。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P179

DSC_4107 (Small).JPG


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毀誉褒貶は世の常 [処世]

毀誉得喪は、真に是れ人生の雲霧なり。


人をして昏迷せしむ。


此の雲霧を一掃すれば、則ち天青く日白し。

                       「言志耋録」第二一六条


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P237

1927398三千院


さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

医療費削減のもたらすもの [社会]

 全国で一律に看護師の賃金が決められていると、大都市では他の代替的な仕事の賃金が高くなり、優秀な看護師を集めることが難しくなる。そこで、高賃金地域の病院は、賃金規制の対象外である派遣看護師をより多く雇うことになる。
派遣看護師は、常用看護師よりも当該病院内のことに詳しくない上、経験も少ないことが多い。このため、病院のパフォーマンスを引き下げる。
彼ら(住人注;ブリストル大学のホールとプロッパー、そしてロンドン大学のヴァン・リーネンの三氏)の研究によれば、地域で民間企業の女性の賃金と看護師の賃金の間の格差が一〇パーセント拡大すると、心臓発作による死亡率が五パーセント上昇するという。  この衝撃的な研究結果は、私たちにとって他人事(ひとごと)ではない。
日本の医療制度も診療報酬点数制度という規制体系のもとで運営されている。小児科医や産婦人科医が不足して大きな問題になっている。いわば、医師の報酬が規制されているために、医師の診療科目によって需給ギャップが発生しているのだ。
 賃金規制をすることで、私たちはサービスの質の低下に直面している。実は、この問題は看護師や医師に限ったことではない。~中略~
 警察官や教師の賃金が相対的に低くなると、代替的な仕事が多くある都市部では、警察官や教師の質が低下してくる。その結果、治安の悪化や教育の質の低下に直面するのは私たちだ。

競争と公平感―市場経済の本当のメリット
大竹 文雄 (著)
中央公論新社 (2010/3/1)
P190


タグ:大竹 文雄
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マスメディアは権力装置である。 [ものの見方、考え方]

   マス・ジャーナリズムが、あるいは官僚組織と化し、あるいは市場主義に侵され、また無意識の主観性を色濃く浸透させ、取材、報道という名のもとで暴力を行使し、ある種の情報操作を行うといったことに通じて、その内部から崩壊してゆくという危険と常に隣り合わせだということなのである。
~中略~
 多くのジャーナリストが、ジャーナリズムの良心や倫理を持ち出すとき、その意味は、国家権力や社会的圧力に屈するべきではない、報道の自立と公正を守るべきだと言われる。しかし、今や、マス・ジャーナリズムは権力や圧力からの被害者であるというよりも、時には、それ自体が世論を動員して、権力を発動する機構ともなっているということなのである。

現代民主主義の病理―戦後日本をどう見るか
佐伯 啓思 (著)
日本放送出版協会 (1997/01)
P145

台湾DSCF0002 (29).JPG

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰が国・家族を守りますか? [日本(人)]

 人間という哺乳類は、集団を組まねば生きてゆけない。その集団のなかでもっとも魅力的で、人を酔わせ、かつ厄介なのは、フランス革命の果実であるところ国民国家であるといえる。こんにちの国々のことである。
 その国家の主人は法的にも思想的にも、多分に抽象概念としての国民である。国民が主人である以上、主人たる者が国家防衛の主役たらざるをえない。
個々の具体的レベルになると何ノ何ベエという者が徴兵によって兵役に服する。

アメリカ素描
司馬 遼太郎(著)
新潮社; 改版 (1989/4/25)
P52

 

DSC_4156 (Small).JPG企救自然歩道


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

利益とはリスクに対する対価だ [経営]

前略~  リスクの大きさと利益の大きさは比例するものだ。
リスクが小さければ誰でもその機会を追求するから、利益も小さい。リスクが大きければ誰も手を出したがらないだろうから、得られる利益は大きい。その意味ではリスクがあるから、利益が存在するのである。
利益とはリスクに対する対価だといわれねばならない。
~後略

経営の行動指針―土光語録
土光 敏夫 (著), 本郷 孝信 (編集)
産能大出版部; 新訂版 (2009/10/15)
P64

DSC_0879行入ダム (Small).JPG行入ダム

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症の予防法 [養生]

「ナン・スタディ」という研究があります。ほぼ同じ食事・同じ生活をして、認知症になった人とならなかった人とでは何が違うのかを調べたものです。
結果として運動や食事が同じでも、若い頃に書いた作文の複雑さと高齢になった時の認知症の発症率が相関することがわかっています。5)
年を取ってからの対処も大切ですが、40代、50代と若い頃から認知症にならないように対策を行うことが将来の認知症を防ぐのです。
 とはいっても、作文の練習をするのは面倒ですよね。でも、ご安心ください。本を読むと認知症の発症率を35%減らすことがわかっています。つまり、今あなたがしていること(=本書を読んでいること)は有効なのです。6)
~中略~
 さらには、知的好奇心を持つことも認知症の発症率を下げ、記憶力の低下を32%下げることがわかっています。いつもと違うテレビ番組やラジオ番組をつけてみる、散歩の道をちょっと変えてみる、そんなちょっとしたことが認知症の予防につながります。
 散歩をしながら話をするというのも有効です。同時に二つ以上のことをすると、認知機能を鍛えることができるからです。9)会話をしながら一緒に歩くのはよいことです。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P102

 

DSC_3801 (Small).JPG赤間神宮


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブームになってから投資すると、死ぬ [社会]

「ブームになってから投資すると、死ぬ」というのが投資の鉄則だ。誰も投資など考えられない、焼け野原のようになっているときに投資して、誰よりも早く実った果実を回収し、「まだまだ儲かる」と普通の人が思い始めるタイミングでさっと身を引く。
 これが、成功する投資家に共通する思考法だ。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P86


タグ:瀧本 哲史
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の信号機はおばあちゃんには渡れない [社会]

(住人注;日本の)信号を渡るのはおおよそ1秒に1m歩くという前提でつくられています。1)
しかし85歳を超えると、男性は0・7m、女性は0・6mしか歩けないのです。つまり1秒に1m歩けません。2)理由としては、歩幅が小さくなることが一つです。3)
歩幅を大きくすると速く歩けますが、体重の上下動が大きくなり不安定になって転びやすくなります。それなのに、「遅っせえなあ」「さっさと歩け!」と言われるのは、かわいそうな気がしませんか?

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P109

DSC_3804 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国家資本主義の時代 [社会]

  しかしここで考えてみましょう。中国の13億人、東南アジア諸国の6億人、そしてインドの12億人、おおよそ30億人のエリアが驚くような勢いで発展、拡大するさまを!一体これから石油、ガソリンはどのくらい必要になるのですか?銅は?ニッケルは?鉄鉱石は?そして食料は?飼料は?

朝倉 慶 (著)
2011年 本当の危機が始まる!
幻冬舎 (2002/10)
P3

-c7b5b.jpg法輪寺 三重塔

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松下幸之助の時代とはまったく変わっている [経営]

日本では今でも松下幸之助の経営哲学に心酔する人は少なくない。
会社の年配者にも松下幸之助の考え方や経営を美徳とする人がいるかもしれないが、今の時代、自分の会社の社長や上司がそのタイプだったら要注意だ。
 状況は、松下幸之助の時代とはまったく変わっている。これまで「後進国」と呼ばれた国々が、次々と「新興国」と名を変えて、現代ではあらゆる国でものづくりが行われているのだ。
~中略~ もし、「経営の神様」と呼ばれていた幸之助が生きていたらまったく別のことを考え、実行していたに違いない。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P171

 

 

DSC_4149 (Small).JPG企救自然歩道


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宗教戦争 [雑学]

 日本には本格的な宗教戦争などなかった。西暦で言えば六世紀にあたる時期の神仏崇拝論争による蘇我・物部の争いも、七世紀の律令国家建設過程で解決している。
 日本のあらゆる仏教宗派は、聖徳太子崇拝では一致できる。
また、第十五代応神天皇を御祭神とする八幡大名神は、仏教を保護する八幡大菩薩でもある。イスラム教を守護するキリスト教の天使など、聞いたことがあるだろうか。
 イスラム教は、新旧聖書とコーランを聖典として崇(あが)めるが、ユダヤ教は新約聖書の存在を認めない。もちろん、ユダヤ教もキリスト教もコーランを認めない。同じ神様を拝んでいるにもかかわらず、である。謹慎憎悪であろうか。
 日本で最大の宗教戦争として石山合戦が挙げられるが、本願寺は端から勅願寺になったことを喜んでいるのである。天皇の権威により、自己の社会的地位が向上したことを喜ぶということは、その威光に服属するということなのである。天皇は政治の争いから超然としていた。

日本人だけが知らない「本当の世界史」
倉山 満 (著)
PHP研究所 (2016/4/3)
P103

 

DSC_3769 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:倉山 満
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リーダーたるもの [対人関係]

四 万民の上に位する者、己を慎み、品行を正しくし驕奢(きょうしゃ)を戒め、節倹を勉め、職事に勤労して人民の標準となり、下民其の勤労を気の毒に思ふ様ならでは、政令は行はれ難し。
~後略

西郷隆盛「南洲翁遺訓」―ビキナーズ日本の思想
西郷 隆盛 (著), 猪飼 隆明 (翻訳)
角川学芸出版 (2007/04)
P23 

IMG_0461 (Small).JPG

北九州市門司区藤松

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魚食文化の崩壊 [社会]

そこまでして、ウナギを食べなければならないのか。「食べられなくなる」と騒ぐ前に、そもそもの前提を考える時期ではないでしょうか。
 もともとウナギは自然の川の賜物で、希少な天然資源でした。美味しかったので、値段も高かったのは当然です。しかし高価格に惹かれて、日本で養殖が開始されました。~中略~
 食文化を守るために、養殖業者は規制を順守する。私たち消費者は、厳しい状況で踏ん張っている業者を応援するために、すこしぐらい高くても国産ウナギを選んで食べる。
行政は、早急に河川環境の回復に努める。未来にウナギという食文化を遺すには、そうやってみんなが少しずつ努力するしかないのです。


日本人が知らない漁業の大問題
佐野 雅昭 (著)
新潮社 (2015/3/14)
P14





 


IMG_0067 (Small).JPG旭川市旭山動物園

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

駄馬を使いこなすのがマネジメント [経営]

リーダーには、優秀だがわがままな人をマネージするスキルも大切だが、優秀ではない人をマネージするスキルのほうが重要なのである。ダメなところが多々ある人材に、あまり高い給料を払わずとも、モチベーション高く仕事をしてもらうように持っていくのが本当のマネジメント力なのだ。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P190


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本物のリーダー [対人関係]

1、人柄・・・本物のリーダーに共通する特徴がいくつかある。 一つめは、自信と謙虚さの両方を兼ね備えていること。~中略~ 二つ目は、自然体であること。~中略~ 三つめは、聞きて上手であること。

2、仕事・・・リーダーの仕事リストの最初にあるのは、「人材を引き寄せ、育てる」ことだ。~中略~

3、手法・・・リーダーは、部下たちに「指針」を与えるが、「答え」は与えない。~中略~

4、遺産・・・前略~ 本物のリーダーは、どんな財産を残すだろう?  まず、仕事への情熱、会社への愛、そして、就任前より健全で強力な会社にした功績だろう。それから、有能なチーム。これらが残れば、あなたは仕事をやり終えた本物のリーダーだと言える。

そして本物のリーダ―は、たくさんのリーダーを育てる。つまり、「リーダーを増やした人が本物のリーダー」なのだ。

魂を売らずに成功する-伝説のビジネス誌編集長が選んだ 飛躍のルール52
アラン・M・ウェバー (著), 市川裕康 (翻訳)
英治出版 (2010/2/25)
P206
台湾DSCF0002 (42).JPG

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

味覚障害 [養生]

年を重ねていくと味覚を感じにくくなります。同じ料理を食べていても味気ないと感じてしまうのです。55歳を超えると若い人の3倍以上味覚障害が出てきます。1)
高齢になって味覚がおかしくなるなんてあまり印象にないですよね。でもあなたも「自分の味覚は正常だ」と言い切れるでしょうか?味覚の変化はわかりにくいので、味覚低下を自覚していない人がたくさんいるのです。
~中略~
 味覚が低下すると、どんどん味付けが濃くなったり、塩分の多い料理を食べたりしてしまうため、高血圧や糖尿病にかかりやすくなってしまいます。
 また、心臓が悪い人は、味覚が弱く塩分を感じにくいことがわかっています。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P73

 

DSC_3820 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学に勉む [学問]

   学とはならうということで、すぐれた人物の立派な行いを習い、みずからもそれを実行してゆくことをいう。
従って、先人の忠義や孝行の立派な行いを習っては、直ちにそれを慕いまねし、自分もそうした人々の忠義孝行に、決して負け劣るものかと努力することが、学ということの第一の意義である。
ところが、後の時代になって文字の意味を誤解し、学とは詩や文を作ったり本を読むことであると思っているが、これは間違いである。

啓発録
  橋本 左内 (著)
  講談社 (1982/7/7)
   P40

さらに詳しく


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イノベーション [経営]

言うまでもなく企業のイノベーションとは、「企業が革新的な技術、あるいは商品やビジネスモデルを生み出すこと」です。ではその条件とは何でしょうか。
 この単純で奥の深い疑問について、経営学には一つのコンセンサスがあります。それは「イノベーションを生み出す一つの方法は、すでに存在している知と知の組み合わせることである」ということなのです。

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
入山 章栄 (著)
英治出版 (2012/11/13)
P126

IMG_0040 (Small).JPG道の駅くにみ

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -