So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

本物のリーダー [対人関係]

1、人柄・・・本物のリーダーに共通する特徴がいくつかある。 一つめは、自信と謙虚さの両方を兼ね備えていること。~中略~ 二つ目は、自然体であること。~中略~ 三つめは、聞きて上手であること。

2、仕事・・・リーダーの仕事リストの最初にあるのは、「人材を引き寄せ、育てる」ことだ。~中略~

3、手法・・・リーダーは、部下たちに「指針」を与えるが、「答え」は与えない。~中略~

4、遺産・・・前略~ 本物のリーダーは、どんな財産を残すだろう?  まず、仕事への情熱、会社への愛、そして、就任前より健全で強力な会社にした功績だろう。それから、有能なチーム。これらが残れば、あなたは仕事をやり終えた本物のリーダーだと言える。

そして本物のリーダ―は、たくさんのリーダーを育てる。つまり、「リーダーを増やした人が本物のリーダー」なのだ。

魂を売らずに成功する-伝説のビジネス誌編集長が選んだ 飛躍のルール52
アラン・M・ウェバー (著), 市川裕康 (翻訳)
英治出版 (2010/2/25)
P206
台湾DSCF0002 (42).JPG

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

味覚障害 [養生]

年を重ねていくと味覚を感じにくくなります。同じ料理を食べていても味気ないと感じてしまうのです。55歳を超えると若い人の3倍以上味覚障害が出てきます。1)
高齢になって味覚がおかしくなるなんてあまり印象にないですよね。でもあなたも「自分の味覚は正常だ」と言い切れるでしょうか?味覚の変化はわかりにくいので、味覚低下を自覚していない人がたくさんいるのです。
~中略~
 味覚が低下すると、どんどん味付けが濃くなったり、塩分の多い料理を食べたりしてしまうため、高血圧や糖尿病にかかりやすくなってしまいます。
 また、心臓が悪い人は、味覚が弱く塩分を感じにくいことがわかっています。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P73

 

DSC_3820 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

学に勉む [学問]

   学とはならうということで、すぐれた人物の立派な行いを習い、みずからもそれを実行してゆくことをいう。
従って、先人の忠義や孝行の立派な行いを習っては、直ちにそれを慕いまねし、自分もそうした人々の忠義孝行に、決して負け劣るものかと努力することが、学ということの第一の意義である。
ところが、後の時代になって文字の意味を誤解し、学とは詩や文を作ったり本を読むことであると思っているが、これは間違いである。

啓発録
  橋本 左内 (著)
  講談社 (1982/7/7)
   P40

さらに詳しく


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イノベーション [経営]

言うまでもなく企業のイノベーションとは、「企業が革新的な技術、あるいは商品やビジネスモデルを生み出すこと」です。ではその条件とは何でしょうか。
 この単純で奥の深い疑問について、経営学には一つのコンセンサスがあります。それは「イノベーションを生み出す一つの方法は、すでに存在している知と知の組み合わせることである」ということなのです。

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア
入山 章栄 (著)
英治出版 (2012/11/13)
P126

IMG_0040 (Small).JPG道の駅くにみ

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミルトンモデル [言葉]

 あなたは、これまで、とても頑張ってきました。
 また、多くのことを乗り越えてきました。
 だから、これからも、どのようなことがあっても、乗り越えていけるのです。  そして、さらに大きな可能性が広がるでしょう。
 この文章を読んで、どのように感じたでしょうか?何か肯定的な感覚が感じられたのではないかと思います。
 この文章には、抽象的な表現が多く使われています。たとえば、「とても頑張ってきました」という表現では、具体的に何を頑張ってきたのかが示されていません。読み手が、自分で自由に意味を解釈することができるため、抵抗が起きにくく文章を受け入れやすくなっています。
 NLPでは、こうした抽象的な表現が体系化されています。催眠療法家のミルトン・エリクソンの言葉の使い方をモデル化したもので、「ミルトンモデル」といいます。

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
前田 忠志 (著)
実務教育出版 (2012/3/23)
P134

DSC_3713 (Small).JPG豊前坊高住神社

さらに詳しく


タグ:前田 忠志
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

詐欺師に学ぶ高齢者への話し方 [対人関係]

詐欺師から見れば、高齢者はいいカモになっています。
 ですから高齢者のことは、高齢者自身よりも詐欺師のほうが勉強していて詳しいです。
高齢者がどうやったほうが話を聞いてくれるのか、視覚がどう見えにくいのかも熟知しています。
詐欺師にとって都合がいいことは聞こえやすい声や見えやすい文字を使い、都合が悪いことは聞こえにくい声や読みにくい字を使うのです。
 また、高齢者の接し方も研究しているので、家族や一般の店員より「いい人」に見えてしまいます。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P168

 

TS3E0810 (Small).JPG戸上神社企救自然歩道

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

FXは中産階級向けパチスロ [社会]

一般の個人投資家向けに売られている金融商品は、「プロが買わないような商品だからこそ、一般個人に売られている」ということである。
~中略~
つまり、資金を調達したい側の会社や人にとってみれば、たくさんお金を持っている人に交渉して自社の株を買ってもらったほうが、ずっと効率的に、楽に儲けられるのだ。それなのに、「個人を相手に小口に分割して手間ひまをかけてまで金融商品にして売る」ということは、「金融に詳しい目利きのお金持ち投資家が、買わないような投資先であり、値づけだから」なのである。
 個人を相手に金融商品を売る会社にとって、いちばんありがたい顧客となるのは、「自分の頭で物事を考えない」人々だ。
~中略~
 FX(為替取引)はまさに、そういう金融ビジネスモデルの筆頭である。一言で言えば「中産階級向けパチスロ」といって良いだろう。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P157

さらに詳しく


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誰でもできる歯周病予防 [養生]

 美味しくしっかり食べるということでは、口腔(こうくう)ケア(口の中のケア)も大事です。
特に、歯周病の予防を忘れずに。
 歯周病予防で誰でもすぐにできる対策としては、歯ブラシは最低でも月に1本変えることです。歯ブラシは長く使っていくと、毛先が開いてしまって使いにくくなりますし、雑菌だらけになります。歯ブラシの状態が悪いと、歯垢の除去率は6割近くにまで減ってしまうともいわれています。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P185

DSC_4097M (Small).JPG戸上神社救自然歩道


タグ:平松 類
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

楽天家は自分をだますのが上手 [哲学]

「楽観主義は外部の現実とはほとんど関係なく、自分の内なる世界を管理する能力と大いに関係がある。
本当に大切なのは、現実でなく、”コントロールしているという認識”である」。
コロンビア大学精神医学教授、スーザン・ヴォーガン
カーラ・カンター「積極性の心理学:第二の自我の暗部の研究」、CBSの健康問題ウェブサイト

パウエル―リーダーシップの法則
オーレン ハラーリ (著), Oren Harari (原著), 前田 和男 (翻訳)
ベストセラーズ (2002/05)
P275

一乗寺 (7).JPG一乗寺

さらに詳しく


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ディスカウントと経費削減ではジリ貧 [経営]

短期的な利益を考えれば、ディスカウントと経費削減の効果は非常に高く、経営者はその誘惑に駆られがちです。
しかし、コスト削減は短期的には利益が上がりますが、本質的に利益が上がったことになりません。むしろ、続けると仕事の質はどんどん低下して現場が乱れて売り上げが下がり利益も下がってきます。
ディスカウントは短期的には利益を上げることもありますが、安売りを続けていると、次第に売り上げが下がり、利益は急速に悪化します。どちらも、会社の長期的な成長にはマイナス要因になるのです。
~中略~

よく売れる商品を開発する、同じ仕事ならクオリティを高くするという戦略でなければ、会社は成長しません。

利益を3倍にするたった5つの方法―儲かる会社が実践している!
大久保 恒夫 (著)
ビジネス社 (2007/08)
P38

IMG_0046 (Small).JPG大谷山荘

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

難聴を予防改善するには [養生]

 難聴を予防改善するには、まず食事です。マグネシウムが効果的であることがわかっています。4)
 1日に日本人が摂取するマグネシウムの推奨されている量は、男性は320mg、女性は270mg。5)
ただ、一つの食材で必要量に達するのは難しいです。マグネシウムは開窓などに多く、含まれ、100gあおさは3200mgもあります。~中略~ ココアを飲みながらアーモンドを食べるというように、複数を組み合わせるのが効率のよい接種方法となります。
ちなみに、マグネシウムを摂ることは便秘にも効果的ですので、特に女性にはうれしいでしょう。
 その他耳に良い栄養素は、ビタミンCやビタミンEです。
 腹八分目の食事にするというのも効果的です。7)食べすぎないことで、耳の加齢変化を抑えられるというのです。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P37

 

DSC_3791 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

努力は成功の必要条件 [倫理]

  努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし、成功したものは皆すべからく努力しておる。!
 ボクシング漫画「はじめの一歩」

大山 くまお (著)
名言力 人生を変えるためのすごい言葉 
ソフトバンククリエイティブ (2009/6/16)
P43

-673a8.jpg大野寺

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人には”利き感覚”がある [雑学]

 NLPでは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感のことを、「表象システム」(または「代表システム」)といいます。 このうち、触覚、嗅覚、味覚を合わせたものを「体感覚」といいます。  そして、表象システムのうち、優先的に使っているものを「優位表象システム」といいます。優位表象システムは人によって違います。 ~中略~ 「笑顔とともにきれいなプレゼントをもらう」という視覚が重要な人は、視覚優位です。 「「愛している」と耳もとでささやかれる」ろいう聴覚が重要な人は、聴覚優位です。 「ぎゅっと抱きしめられる」という体感覚が重要な人は、体感覚優位です。

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
前田 忠志 (著)
実務教育出版 (2012/3/23)
P63

さらに詳しく


タグ:前田 忠志
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

断捨離 [言葉]

断捨離は、知らずに自分自身で作り出してしまっている重荷から解き放たれ、快適な生活や人生をとりもどすための方法であるということのようで、単なる「片付け」や「整理整頓」とは一線を引くというのも大事な点のようだ。 簡単に言えば、日常生活に不要なモノを断ち(断)、要らないモノを捨て(捨)、モノへの執着から離れる(離)といった生き方そのものである。  

空海に出会った精神科医: その生き方・死に方に現代を問う
保坂 隆 (著)
大法輪閣 (2017/1/11)
P166

DSC_3424 (Small).JPG海峡花火大会

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もう寝よ! [ものの見方、考え方]

神は現世におけるいろいろな心配事の償いとして、
われわれに希望と睡眠を与えた。
[ヴォルテール] フランスの作家 | 1694-1778

快い眠りこそは自然が人間に与えてくれるやさしい、
なつかしい看護師だ。
[ウィリアム・シェイクスピア] イギリスの劇作家 | 1564-1616

疲労と悩みを予防する第一の鉄則は、たびたび休養すること。
疲れる前に休息せよ、である。
[デール・カーネギー] 米国の著述家 | 1888-1955

人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法
水野敬也 (著), 長沼直樹 (著)
文響社 (2012/12/11)
35

DSC00230 (Small).JPG

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本人と鉄 [日本(人)]

 稲作は、夏季が高温多湿でなければおこなわれにくい。とくに河川の流域が、低湿地でなければならず、そういう条件の土地ではすぐ人口が満ちてしまい、余剰の人口は他に敵地をもとめねばならなかった。それには、のちにその名称でよばれる日本列島がいいという情報を得て、民族移動がはじまったとおもわれるのだが、この事態は、古代的状況のなかではコロンブスの新大陸発見よりも重大だったにちがいない。
 かれらが出発するのは南中国の沿海からであったであろう。中国南部は、ばくぜんと越(えつ)とよばれており、黄河流域の漢民族の側からみればいわば南蛮であった。このあたりに、稲のことを、イネとよぶ音があったり、、クメとかクミとかよぶ音があったりして、日本の稲の故郷である痕跡をのこしている。
 江南のイネ民族の移動は、一部は南朝鮮へゆき、一部は北九州で定着したという。あるいはべつのルートがあって、中国北部の漢民族の手で朝鮮へゆき、朝鮮半島を南下して北九州に到着したともいう。
 いずれにしても、イネのモミが、モミだけ飛んできたわけでなく、また、在来の縄文人が、貿易業者のように稲作を輸入したわけでもない。人間そのものがきた。
稲作が可能なだけの人間の群れがこの新たな可能性をもつ島々にやってきて縄文人と混血し、こんにちの日本人ができあがった。
こんにち、われわれが文化概念でとらえている日本人というものの成立は弥生時代の開幕からであるといってよく、その意味では、新大陸にヨーロッパ人が住みついてアメリカ人ができあがった事情と似ている。
 この弥生式稲作農耕とともに、鉄器が当然の付着物のようにして―まだ製鉄はされなかったにせよ―入ってきた。

街道をゆく (7)
司馬 遼太郎(著)
朝日新聞社 (1979/01)
P227

 

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

人生の意味 [人生]

 あるひとがたずねました。
「人生の意味はなんですか?」
 アドラーは答えました。
「一般的な人生の意味はない。人生の意味は、あなたが自分自身に与えるものだ」

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために
岸見 一郎 (著)
KKベストセラーズ (1999/09)
P147  

DSC_6367 (Small).JPG

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

補聴器 [雑学]

 けれども日本は海外に比べて、補聴器が普及していません。11)日本では難聴者の13・5%が使用していますが、イギリスでは42・4%、アメリカでは30・2%なので海外の半数以下程度です。
これは非常にもったいないこと。日本ではそもそも補聴器を使うという発想になかなかならないことと、補聴器を使う時のサポート体制が少ないことが普及しない原因のようです。
 また、メガネの場合はかけた瞬間によく見えるようになる一方で、補聴器は慣れるのにかなり時間がかかるため、補聴器は好かれにくいようです。多くの人がメガネと同じ感覚で補聴器を買ってしまうので、「せっかく買ったのに使い物にならない」となってしまいます。
 ではどうやって補聴器に慣れればいいでしょうか? 一つは、買った所でこまめにメンテナンスすることです。平均して5、6回は、補聴器を補正が必要だと思ってください。12)面倒くさいなと思うかもしれませんが、高いものですし使い倒したほうがお得です。
 それと、補聴器を装着していきなり外で使わないこともすぐに慣れるコツです。まずは静かな部屋で、じっくりと音を聞くように使う。次に、一対一の会話の場面で使う。そして2~3人の会話で慣れたら、戸外で使います。このようにステップを踏んでいけば、うまく使うことができます。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P39

DSC_3794 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者の聴覚の特殊性 [雑学]

P53
 五感、いわゆる「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」はすべて、年齢を重ねるごとに衰えます。

P21
 高齢者は相手の話を無視することがあります。なぜでしょう?
「自分のことを嫌っているから」「興味がないから」「ボーっとしているから」などと思いがちです。
 ですが、「話しを聞いていない」のではなくて、「本当に話が聞こえない」人が多いのです。
70代で半分近く、80代以上では70%以上が難聴であることがわかっています。1)だから70代以上の人と話すと、ほとんどが「聞いていない」より「聞こえていません」。
~中略~  年を取って難聴になると、「ほとんど聞こえない」のではなくて「一部聞こえにくくなる」のです。高い音、特に若い女性の声が聞きにくくなります。だから、娘や嫁の会話だけ無視されることが多いのです。
~中略~
60歳以上になると、低い音(500Hz)と比べて高い音(2000Hz)だと1・5倍以上の音量がないと聞こえません。2)若い女性の声は男性の1・5倍大きくないと聞こえないのです(図1)。
~中略~
 やっぱり言ったことは聞いてもらいたい。そこで看護士さんのように伝わりやすくするにはどうすればいいか?こつは三つです。「低い声で、ゆっくり、正面から」です。
~中略~
 まっすぐ話しかけても聞き取りにくい高齢者には、聞き取りやすそうな耳、補聴器が入っている耳に直接話しかけると伝わりやすいです。実際に聞き取りやすそうな耳は、高齢者が無意識にあなたのほうに向けてくることもあります。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)

DSC_3784 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野良弁(護士) [言葉]

難しい試験の代表格だった司法試験も、ロースクールが日本中にできて、合格者数も大幅に増えたことから、需要と供給のバランスが崩れ、現在では「弁護士が余る」という状況になっている。
 昔は司法試験に合格しても、自分一人で仕事が得られず、どこかの事務所に入って働く弁護士のことを「イソ弁」(居候弁護士)と呼んだ。今はそれがさらに進んで、給料ゼロで事務所の「軒先(のきさき)」だけを貸してもらう弁護士のことを「ノキ弁」と呼ぶ。
事務所にすら入れてもらえず、必要なときに呼び出される弁護士は、「野良(のら)弁」と呼ばれることすらあるそうだ。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P21

DSC_3762 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プレ・パフォーマンス・ルーティン [ものの見方、考え方]

  ボストン・レッドソックスの上原浩治投手も、シーズン中に判で押したような毎日を送るそうです。試合当日も、ナイトゲームなら昼過ぎに球場に入り、ほぼ決まったメニューの食事をとり、マッサージを受ける。それからウェイトトレーニングを行い、試合前のウォ―ミングアップ。試合がはじまれば、二イニングか三イニング目にブルペンに向かうといいます。
その一連の流れが上原投手の準備であり、それを積み重ねるからこそ、結果が出る―上原投手は著書のなかでそのように語っています。
 事実、長生きされている方も、毎日同じ時間に起きて、同じものを食べて、同じことをする・・・・・というリズムを崩さない方が多い。そうすることが心理的安定につながっているのです。

ラグビー日本代表を変えた「心の鍛え方」
荒木 香織 (著)
講談社 (2016/2/19)
P34



DSC_2593 (Small).JPG鰐淵寺

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

口臭は自分では気づかない [医療]

どんなに優しく接していても、満面の笑顔でいい話をしていても、口が臭いというだけで孫は逃げていってしまうものです。
 とはいっても、家族も一応は年上にあたる高齢の口臭をなかなか指摘しにくい。
すると高齢者は、「何となく避けられている気がする」「嫌われている」と思い込んで疎外感を感じてしまうのです。
 なぜ高齢者は口臭がするのでしょうか。
「おじいちゃんお口臭い」という入れ歯用製剤のCMが有名になったせいもあり、高齢者のニオイは入れ歯が原因と思われがちです。
でも、入れ歯だけではないのです。口臭は85%が口の問題で起こり、15%が胃などで起きます。1)年齢を重ねることで口内の殺菌と洗浄の効果がある唾液が減るために、2)口臭が発生しやすくなります。
 口臭というのはたいていがずっと同じ状態でつきまとっているため、自分では気づきにくいのです。 ~中略~
 ですから「自分は大丈夫」と思いがちですが、60歳を超えると43%に口臭があることがわかっています。

老人の取扱説明書
平松 類 (著)
SBクリエイティブ (2017/9/6)
P120

 

DSC_3774 (Small).JPG赤間神宮

さらに詳しく


タグ:平松 類
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年をとったら [家族]

 老いて子に養われるようになると、若いときから一緒にいるものに対しては怒りやすくなる。
欲深く、子を責め、人をとがめて、節度を失う。心を乱すものも多い。そうならないように、自ら我慢も必要である。
 若いときに慎み深く節度を守っていたとしても、老人になると欲深くなり怒りやうらみごとが多くなる人が多い。
後略~

養生訓 現代文
貝原 益軒 (著) , 森下 雅之 (翻訳)
原書房 (2002/05)
P216

TS3E0482 (Small).JPG宮島

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

柔軟性が必要 [ものの見方、考え方]

 免疫も、あるときは異物に対して容赦ない排除を、またある時は寛容と共存を選んで、個体を生物生態系に適応させていることがわかります。最近の民族紛争などをみると、免疫系に比べてなんとおろかな一本調子の反応しかできないのかと、なさけなく思います。

多田 富雄 (著), 南 伸坊 (著)
免疫学個人授業
新潮社 (1997/11)
P124

1938043マリンビューワーなんごう3

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポジション・チェンジ [ものの見方、考え方]

   NLPでは、自分や相手などの視点のことを「知覚位置」といい、「第1の位置」「第2の位置」「第3の位置」があります。
「第1の位置」は自分自身の視点です。自分の考え方を持ち、自分の感情を感じます。
「第2の位置」は相手の視点です。あたかも、自分がその相手であるかのように、相手の考え方を持ち、相手の感情を感じます。
「第3の位置」は第三者の視点です。自分でも相手でもない中立的・客観的な視点です。

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
前田 忠志 (著)
実務教育出版 (2012/3/23)
P113

DSC_3712 (Small).JPG豊前坊高住神社

さらに詳しく


タグ:前田 忠志
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

選挙と世代間の利害対立 [社会]

投票率と年齢構成から、投票者の年齢階級別の構成比を計算してみると興味深いことがわかる(図Ⅱ‐7)。投票者の年齢構成の変化は、日本で政治的に力をもった年齢集団の変化を表している。
~中略~
つまり、常に団塊の世代が、政治の動向を決めてきたと言える。人口規模の大きな団塊世代は、自らの政治的な力の大きさをよく知っていたからこそ、高い投票率を維持してたのだろう。

競争と公平感―市場経済の本当のメリット
大竹 文雄 (著)
中央公論新社 (2010/3/1)
P153

DSC_3785 (Small).JPG芳一堂赤間神宮

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真のニーズを見極める [経営]

それぞれのホテルにはそれぞれの持ち味があっていい。
豪華さや高級感だけが利用者のニーズにマッチするとは限らない。

橋本 保雄 (著)
感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学
大和出版 (1999/09)
P149

2947038第21回海峡花火大会7

さらに詳しく


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

幸福 [哲学]

幸福というものはささやかなもので、そのささやかなものを愛する人が、本当の幸福をつかむ。
亀井勝一郎

大山 くまお (著)
名言力 人生を変えるためのすごい言葉 
ソフトバンククリエイティブ (2009/6/16)
P155

-86315.jpg薬師寺4

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ライバルは海外の学生 [国際社会]

  最近では、日本の学生ではなく、中国や台湾、韓国、シンガポールなどアジア圏の優秀な学生を採用する日本企業が続々と出てきている。
 パナソニックへと車名を変え、グローバル企業として躍進を図る松下電器産業は、2010年度採用の8割が外国人になったと発表した。
日本を代表する会社のひとつであるパナソニックがグローバル採用に踏み切ったこともあり、多くの企業がそれに追随した。
リクルートをはじめとする人材ビジネス企業も海外の優秀な学生を採用するセミナーを企画するなど、日本の学生はすでに海外のの学生とも職を奪い合う状況となっているのである。

僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史 (著)
講談社 (2011/9/22)
P3

DSC_3715 (Small).JPG豊前坊高住神社


タグ:瀧本 哲史
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メタ認知 [言葉]

 人は物に心を奪われると、我を忘れてしまう。ここで「忘れる」主体は「自分」だが、「自分」には「見る自分」と「見られる自分」がある。
「見る自分」を「(主体的)自我」、「見られる自分」を「(客観的)自己」という。ふだんは自我が自己を見ており、その行動をモニターしている。
これを「メタ認知」という。
そして、自我は自己の行動をコントロールしてもいるのだが、欲望などの動機づけが強すぎると、「見る自分」のはたらきが欠落し、無我夢中の状態に陥ってしまう。

老荘思想の心理学
叢 小榕 (著)
新潮社 (2013/02)
P116


IMG_0012 (Small).JPG福岡空港→新千歳

さらに詳しく


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | -